ストーカー(stalker)」とは、

付きまといをする人」を意味する言葉。

 

ストーク(stalk)」という英語の動詞も

ズバリ「人を拉致する、または動物を捕まえて

危害を加えるために忍び寄る」という意味を指しています。

 

「付きまといする人」のイメージから

移動中」に付きまとい発生する犯罪の

イメージがあるストーカー犯罪。

 

しかし「移動中」に限らず、

様々な場所で気持ち悪い程に様々な

ストーカー犯罪が発生しているのです。

 

数多い防犯グッズから

その様々なストーカー犯罪対策に

おすすめしたいストーカー対策グッズを

一部だけですがご紹介していきますので

是非参考にしてみてくださいね。

 

ストーカー被害でお悩みの方は

原一探偵事務所」探偵事務所がおすすめ!
 

24時間受付してくれるのでストーカー被害で困っている方は、

以下のリンクをクリックして一度相談してみてくださいね。

 

ストーカーの対策グッズでは「防犯カメラ」がおすすめ!

●防犯カメラ(ダミーカメラも含む)

付きまとわれるイメージが強い

ストーカー犯罪ですが、

ストーカー犯にターゲティングされ

所在地が知られたら最後。

 

所在地周辺徘徊や、待ち伏せなど、

最悪のケースだとタイミングを見計らって

「侵入」してくることも充分にあり得ます。

 

ストーカー犯の場合、かつての交際相手や

婚姻関係にあった相手などが

「侵入」に該当する事が多いとのハナシも。

 

ご存じの通り「防犯カメラ」は、

設置している自宅周辺の様子を

24時間監視録画し続けるカメラで

ストーカー対策グッズとしても使われています。

 

防犯カメラも正直ピンきりですが、

ほとんどの場合が価格設置に比例して

画質や性能も高度なものが多いでしょう。

 

400万画素のカメラは、

充分に対象の顔判別に耐えうる画素数です。

 

最近では出先からでもスマホアプリで

防犯カメラの撮影動画の確認が可能。

 

もちろんストーカー犯罪ではない

「空き巣」のケースもありますが、

「防犯グッズ」ストーカー対策グッズ」として

効力絶大なのは間違いないでしょう。

 

どうしても予算に都合がつかない場合は

ストーカー対策グッズとして

ダミーカメラ」でもおすすめです。

 

「ダミーカメラ」とは文字通りフェイクカメラの事。

 

カメラ機能は皆無ですが、設置するだけでも

自宅どころか周辺区画に対しても

ストーカー対策グッズとして充分に抑止力にもなります。

 

また「ダミーカメラ」とは別に、

小型の「防犯カメラ」設置も有効でしょう。

 

 

 

ストーカーの対策グッズでは「ボイスレコーダー」がおすすめ!

●ボイスレコーダー

ズバリ、ボイスレコーダー

 

上記のボイスレコーダーの最大録音時間は

LPフォーマットだと520時間、

PCMフォーマットだと24時間

音声待機時間が110日という、

長期録音に最適のボイスレコーダーです。

 

固定電話やスマホの通話録音も可能なので

専用に用意しても良いでしょう。

 

PC接続するだけで簡単に

データファイルのバックアップも可能です。

 

外出の度にストーカー不安を感じるなら、

サイズもかなり薄く小さいので

ポケットに忍ばせても邪魔にならず、

充分にストーカー対策グッズとしての

証拠収集に威力を発揮するでしょう。

 

防犯グッズやストーカー対策グッズというよりは、

ストーカー犯罪証拠収集ツールといえますね。

 

ボイスレコーダーや録音機が無い場合は、

スマホの録音機能を起動させて

あくまで証拠収集の観点での

ストーカー犯とのやり取りや通話そのものを

録音するにもおすすめでしょう。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

ストーカーの対策グッズでは「ハンマーライト」がおすすめ!

●ハンマーライト

催涙スプレー」同様、

本来は「スタンガン

ストーカー対策グッズとしてはアリでしょう。

 

しかし皮肉な事に

犯罪に直結するグッズでもあり、

楽天ショップではほとんど見かけることはありません。

 

実際に殺人事件に使用されたこともあるので、

国内の警察においては、

スタンガンの所持は否定しています。

 

そこでおすすめなのが上記の「ハンマーライト」。

 

本来は災害や何らかの原因で、

車に閉じ込められた時に脱出するための

以下の機能が備わっている車載用防犯グッズです。

 

  • 懐中電灯機能 … 文字通りライト機能
  • ハンマー機能 … 車の各種ガラスを割る為の機能
  • カッター機能 … シートベルト切断の為の機能
  • シグナル発信機能 … 赤色灯、サイレン発信機能

 

これらの機能はストーカー対策グッズにも

充分過ぎるほどに効力を発揮します。

 

使い方によっては、

正に武器になるのではないでしょうか?

 

性別問わず、

ストーカー対策グッズに1つ常備をおすすめします。

 

 

 

ストーカーの対策グッズでは「催涙スプレー」がおすすめ!

●催涙スプレー

一般的に認知度も高い「催涙スプレー」。

 

昨今の世間事情もあり、

逆に犯罪に使われる可能性もかなり高く

通常販売においてはほとんど見かけなくなりました。

 

楽天でも意外なほどに扱っているショップや、

「催涙スプレー」そのものも少なくなっています。

 

※催涙スプレーは、犯罪に使用すると

刑事と民事両方に厳罰される可能性大。

 

防犯スプレーという名目の商品もあって

防犯グッズとしてはかなり有効ですが、

催涙スプレー」とは成分が全く違います。

 

  • 防犯スプレー…スプレーしたモノで対象者を足止めにする
  • 催涙スプレー…催涙ガスをスプレーすることで、文字通り目に作用し相手をひるませる

 

「催涙スプレー」は、使い方によっては

女性にも扱える有効な防犯グッズ

ストーカー対策グッズにもおすすめです。

 

ちなみに催涙スプレーは、

携帯する分には違法にはならず

あくまで意図した迷惑行為のみに犯罪となる防犯グッズ」。

 

使用するタイミングを外さない限りは、

防犯グッズとしてかなり有効となるはずです。

 

 

 

ストーカーの対策グッズでは「盗聴器の発見器」がおすすめ!

●盗聴器の発見器

盗聴器の設置にしろ、

基本的に室内に入らなければ設置できないので

盗聴疑惑がある時点で、

ある程度ストーカー犯の身元が判別しているとも言えます。

 

(元交際相手や元夫婦が)ストーカー犯で

被害者の居住地が賃貸の場合、

虚偽の理由で管理人に部屋のカギを開けて貰い、

盗聴器設置も有り得るハナシ。

 

しかし、被害者の居住地が一軒家の場合は

入居時や引っ越し時しか有り得ないでしょう。

 

業者との繋がりがあり、

電気配線工事や白物家電設置工事等で

盗聴器を設置するレアケースも有り得ます。

 

仮にそのような場合

盗聴器の発見器は、

確実に盗聴器を発見することができるでしょう。

 

以上の理由からも

盗聴器発見の時点で、ストーカー犯の身元が

ある程度確定されるといっても過言ではありません。

 

※それでも全く見覚えが無い場合は、

プロに調査依頼した方が良いと考えます。

 

写真画像の「盗聴器の発見器(高性能検知器)」は、

盗聴器だけではなく、隠しカメラ

発見できるストーカー対策グッズ。

 

価格が価格なので「面白グッズ」扱いですが

それこそ、防犯の意味も兼ねて

試しに使用してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

ストーカーの対策グッズでは「窓用の補助錠」がおすすめ!

●窓用の補助錠

窓用の補助錠」に関しては、

ストーカー対策グッズというよりは

「空き巣」対策グッズなのですが、

先ほども記載したようにストーカーは

ストーキング対象の所在地や

居住地を把握していると間違いなく侵入を試みます。

 

なので「窓用の補助錠」がおすすめなのです。

 

窓ガラスを割ったら無駄じゃん」といった声も

聞こえてきそうですが、

最近ははじめから防犯ガラス状態なのがほとんどなので、

全面破壊は困難とされています。

 

ガラスの一部を割って、窓施錠を解除し

侵入を図るケースが多いでしょう。

 

しかし「窓用の補助錠を複数設置することで

(空き巣やストーカー犯等の)侵入を防いだり、

侵入されるタイミングをずらすことで

通報する時間を作ることも可能です。

 

写真の「窓用の補助錠」は外向き窓用

 

取り付け方法はネジ、および両面テープですが

防犯の観点でいうならネジで取り付けた方が良いでしょう。

 

ストーカー対策グッズというより、防犯グッズの1つです。

 

 

 

ストーカーの対策グッズでは「プログラムタイマー」がおすすめ!

プログラムタイマー

ストーキング被害者の居住区が

ストーカー犯に知られている場合、

見張られたり最悪の場合侵入を試みたりするのも充分に有り得ます。

 

在宅時に訪問も可能性としてありますが、

怖いのは「居住者不在時のストーカー犯の侵入」ですよね。

 

※これは充分「空き巣」になるので立派な犯罪です。

 

言葉としては聞き慣れないかもしれませんが

上記画像の「プログラムタイマー」は、

留守中でも在宅しているように「偽装する」タイマー。

 

部屋の電気やTVやPCの電源など、

設定した時間に自動的に切り替える事が可能です。

 

コンセントも4つあるので、複数用意すれば

長期不在時でも「在宅偽装」も可能になるはず。

 

上記写真の「プログラムタイマー」は、

主に家庭用アクアリウム管理に

使われているグッズですが、

ストーカー対策グッズとしても

充分使えるおすすめしたい逸品です。

 

 

 

ストーカーの対策グッズでは「ホームセキュリティ」がおすすめ!

●ホームセキュリティ

冒頭の「防犯カメラ」と被る面がありますが

この「ホームセキュリティ」は、

さらに「音声会話」「人感(熱)センサーが設定可能

 

この「人感(熱)センサー」がポイント。

 

屋外カメラ内蔵の

文字通り動作検知センサーであり、

センサーが反応すると

アプリが起動しスマートフォンに表示されます

 

カメラに映し出された映像・音声は

別途で設定する必要はありますが、

スマートフォンのminroSDカードに保存も可能

 

カメラそのものも

別途最大4台まで設置出来ますし、

スマートフォンやタブレットだと

最大8台まで設置可能なので、

家族全員でカメラの映像確認が可能なのです。

 

つまり、冒頭の「防犯カメラ」は

一方的なストーカー対策グッズですが、

「ホームセキュリティネットワーク」は

双方向で対応可能の防犯システムなので

ストーカー対策にはとてもおすすめ!

 

もはやストーカー対策グッズというレベルではありません

 

実際にストーカー犯に対して

「話かける」のはかなりレアケースなので

あり得ないとは思いますが。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

盗聴器の見つけ方!ラジオやスマホアプリで発見できるの?

隠しカメラの見つけ方とは?設置されやすい場所や確実に発見するには?

つきまとい行為をストーカーにされない対策や撃退方法とは?

ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

ストーカーに盗撮されている兆候やされやすい場所、対策方法とは?

 

いかがでしたでしょうか?

 

ひとくくりにストーカーといっても、

様々な犯罪が存在します。

 

またその犯罪の即すかのように

中にはアイテムとはいえない規模のものまで

ストーカー対策グッズも豊富に出回っており、

如何にストーカー犯罪が

深刻に複雑になっているかが見て取れます。

 

あくまで極論ですが、

究極のストーカー対策は下記の方法が良いのではないでしょうか。

  • 縁も所縁もない土地に引っ越す
  • 「SECOM」等の本格警備システムを入れる

ですがこれでは根本的な解決には繋がりません。

 

ストーカー犯を特定して、

しかるべき場所へ突き出さない限りは

落ち着かない日々が繰り返すだけです。

 

これまで紹介したストーカー対策を

敷いてもらちが明かないのであれば、

こちらの探偵事務所がおすすめ。

原一探偵事務所」をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 経験豊富、高い探偵調査スキルを誇るスタッフ常駐
  • 業界43年目の実力は半端なく、独自のネットワークで調査を遂行
  • プライベートな調査依頼にも対応
  • 全国に18拠点、しかも一律料金
  • 相談・見積もりは無料、しかも24時間受け付け
  • 支払いは見積もりの調査費用のみの明朗会計
  • 終了後の一切の追加費用の請求無し

 

浮気調査や家出人調査で有名な探偵事務所ですが、

極めてデリケートな問題を含む

調査依頼を長年扱ってきているだけあり、

ストーカー対策にも積極的に取り組んでいます。

 

ストーカー対策はもちろん

法的な場へ持ち込めるレベルの証拠も

確実に抑える意味でも充分おすすめできますよ。

 

ストーカー対策に待ったなしです。

 

現在進行形でストーカー犯罪に悩まされているなら

今すぐにでも、「原一探偵事務所」へ相談依頼

 

1日でも早くストーカーとは無縁の安心安定した日々が送れますように。

 

以上今回は『ストーカーの対策グッズでおすすめや人気なのは?防犯には必須!』の記事でした。