皆さんは集団ストーカー

という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

普通のストーカーという言葉は、

テレビ等のメディアで良く取り挙げられるワードとして有名ですよね。

 

それもそのはず、

あまりメディアでは大々的には取り合げられませんが、

いちばん有名な事件で言いますと、

埼玉県でありました「桶川ストーカー事件」です。

 

しかし、このような事件は決して他人事にはできません。

 

どのような人にも巻き込まれる可能性が十分ありますので、

今回は集団ストーカについて、

及び対策や撃退について確認していきます。

 

集団ストーカーとは?

集団ストーカーと言うのは、

従来のストーカー被害とは違い

個人的な感情で左右される恋愛や妬み、

そして恨みとは違った形の犯罪がほとんどです。

 

それは、それぞれ分類別に紹介をしていきます。

 

ストーカー行為の過激な延長線上

これは冒頭でお話をさせていただきました、

桶川ストーカー事件の例となります。

 

初めは当事者同士のみでのやり取りでしたが、

次第にストーカー側がヒートアップして、

他に共謀者を集い過激な犯行に移るタイプなのです。

 

 

会社ぐるみの集団ストーカー行為

会社自体が加害者となって、

合法的に個人に行う集団ストーカー行為です。

 

会社ぐるみなので、

もちろん周りに仲間がいないことが多いのです。

 

そのため、集団ストーカーに対する撃退が難しく、

対策を中々取りづらくなります。

 

 

裁判等の優位な立場に立ちたい場合の集団ストーカー行為

この場合は裁判だけに留まらず、

金銭トラブル関係でも当てはまります。

 

集団という利点を活かして、

精神的に追い込んだり、

威嚇したりもしくは挑発をして手を出させる等

裁判等において良い材料を引き出そうという傾向が強くあります。

 

 

特定の教団における意思統一のための集団ストーカー行為

教団において教団員の意思統一は欠かせません。

 

そこで、その意思を統一するために、

集団ストーカー行為を行うことがあります。

 

 

 

集団ストーカーをする方々の目的とは?

それでは実際に、

集団ストーカーのタイプ別に見た目的を見ていきましょう。

 

目的もわからなければ、

自分もその中に入ってしまう可能性があるのかもわかりませんし、

撃退する対策方法も考えられません。

 

しっかりと、下記をご確認ください。

 

ストーカー行為の過激な延長線上

このタイプの集団ストーカー目的は、

根底には被害者の心を繋ぎ留めたいという理由があります。

 

しかし、その方法が歪んでおり、

集団での監視や情報収集、

暴力であったり等多岐にわたります。

 

 

会社ぐるみの集団ストーカー行為

会社が率先して、

個人に対して集団ストーカー行為を行うには理由があります。

それは、会社の意図にそぐわない社員を

合法的に辞めさせたい以外に他なりません。

 

ほとんどの場合が、

会社の不正に関しては正義の心を持って告発をした

善良な会社員が対象となるのです。

 

 

裁判等の優位な立場に立ちたい場合の集団ストーカー行為

この場合は、優位な立場に立ちたいために、

集団で相手を威嚇したり手を出させたりすることで、

こちらに有意な材料を揃えようという魂胆なのです。

 

見事集団ストーカーを撃退できたと思ったら、

実は相手に良い材料を与えただけ

ということも良くあります。

 

対策を間違えると、

意図したことと違った結果となるので注意が必要です。

 

 

特定の教団における意思統一のための集団ストーカー行為

なぜ教団ぐるみで、

このような集団ストーカー行為をするのかと言うと、

 

教団の影響力を高めるために団員の意思統一を図るのです。

 

そのため、時には共通の敵を作り、

肉体的にも精神的にも攻撃をし、

教団の脱退者に対して同様の手口で嫌がらせをして、

裏切り者の制裁により見せしめをするのです。

 

 

 

集団ストーカーを受けない対策とは?

もし集団ストーカーにあっている

もしくは可能性がある場合にはいくつか対策があります。

 

では実際にその対策についてご紹介していきましょう。

 

集団ストーカーは相手にしないこと

集団ストーカーの狙いとして挙げあれるのは、

精神的に追い詰める」です。

 

こちらが表面上に追い詰められている事を出さなければ

十分相手への対策として効果が得られます。

 

声をかけられるようなら耳栓やイヤホンをして、

直視するのが怖いのであれば、

サングラスをすることによって十分実行可能な対策になります。

 

 

安易に周囲に話さないこと

集団ストーカーにあっていると、

安易に周囲に漏らすことはあまり得策ではありません

 

何故なら、人によっては、

自分が異常者だと思われる可能性があるからです。

 

巻き込まれずに一般生活で生活している分には、

起こっている事態に対して現実味が持てないものです。

 

最悪、頭がおかしいのでは?

と思われる可能性もゼロではありません。

 

そうなると集団ストーカーの思うつぼです。

 

周囲に話さないということも、一つ対策のうちです。

 

 

集団ストーカーの挑発に乗らない

対策として、

相手の挑発に乗らないことはとても重要です。

 

例えば、相手の口車に乗って、

相手と同じことをやり返したり、

手を出しすることは、

相手に付け入る口実をつくってしまいます。

 

ですので、上記にも記載をしましたが、

無視をすることが一番の対策なのです。

 

 

 

集団ストーカーを受けた時の撃退方法とは?

もちろん対策だけでは撃退はできません。

 

相手から二度と手を出されないような

対策をしなければ意味がありません。

 

ここでは、その撃退について下記にまとめましたのでご確認ください。

 

集団ストーカーの決定的な証拠を残す

ずばり、集団ストーカーを撃退するには

決定的な証拠」は必要不可欠です。

 

特にストーカーが集団となり、

精神的に追い詰める行為を行っていると、

取り締まることによる撃退は困難です。

 

行われていることを、

何かメモ等でも良いので書き留めるようにするのと、

決定的な証拠を残すためにも、

映像の録画音声の録音はするようにしましょう。

 

 

探偵事務所を活用する

上記のような撃退方法として証拠を残すといっても、

個人ではできることに限界があります。

 

そこで、ストーカー対策のプロに撃退を依頼するのです。

 

探偵事務所から見て、

ストーカーと認定されれば確実に事件にすることができます。

 

個人では信用されないかもしれませんが、

探偵事務所が後ろについていることで、

大きく信憑性が増して撃退に一歩近づきます。

 

 

 

集団ストーカーの被害者の会ってある?

実際にこのような被害者の会は存在します。

 

社会的認識や撲滅運動を主としている会になり、

日本全国の創設を目指しています。

 

主に下記に記載する運動を行っております。

 

集団ストーカーの情報交換

被害にあっている者同士で、

連絡を細かに取り合うことによって情報交換を行い、

集団的なストーカーからお互いで監視を行い撃退をする。

 

 

 

まとめ

どうでしたでしょうか?

 

意外に知られていない集団ストーカーの実態を見えたはずです。

 

いつ、このようなことに巻き込まれるかわかりません。

 

自分の身を守れるのは自分のみです。

 

特に、撃退するには情報収集は重要となります。

 

個人でそれを行うのには限界がありますので、

その道のプロに任せるのが一番です。

 

特に集団ストーカーのプロフェッショナルとしておすすめしたのは、

「原一探偵事務所」

と言う探偵事務所です。

 

相談は無料となっておりすぐ下の画像から、

アクセスすることができますので、

まずは行動することから始めていきましょう。↓↓


▼おすすめ探偵事務所▼

ストーカー

・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?