ストーカー犯60%以上

元カレ(彼氏)なり元旦那の場合が多い

というデータがあります。

 

なぜそのような

データになるのかは諸説ありますが、

「付きまとい」や「嫌がらせ」などの

事象は昔からあったとはいえど、

意味不明で凶悪なストーカー犯罪が増えたのは、

ごく最近の傾向と言えるでしょう。

 

なぜ、元カレ(彼氏)や

元旦那がストーカー化してしまうのか。

 

その原因・理由も気になりますが、

ストーカー対策に待ったはありません

 

今回は元カレ(彼氏)からの

ストーカー被害を受けないための対策や

ストーカー被害を防ぐ方法などをまとめました。

 

ストーカー被害でお悩みの方には

原一探偵事務所」がおすすめ!

 

無料で24時間相談受付をしており、

以下のリンクから飛ぶことができるので

ストーカー被害でお悩みの方は、

話だけでもしてみてくださいね。

 

元カレ(彼氏)からのストーカーを受けないようにするには?

「彼氏」ではなく「元彼」から

ストーカーされている場合、

何をされても一切興味がない態度を取るのが

一番理想的なストーカー対策です。

 

そのような行動をとることができて、

「元彼」からの逆ギレにビクともしないような

強じんな精神力を持っている女性ごく一部でしょう。

 

実際はそんな強じんな精神力を持っていない女性が大半

 

あなたを含め多くの女性の身が

持たなくなるのは目に見えています。

 

なので、元カレ(彼氏)からのストーカー行為を

受けない為の対策等をまとめました。

 

元カレ(彼氏)から待ち伏せされがちな場合は?

●逃げ込めるスポットを把握しておく。

参照元:https://www.photo-ac.com

これは元カレ(彼氏)が、

具体的なあなたの居住地を知らない場合

 

さらに、直接的な接触は無い場合の

待ち伏せ」「付き纏い」の対策です。

 

元カレ(彼氏)が、

ストーカー犯ではないケースが多いかもしれません。

 

殆どの場合、最寄の駅やバス停等の拠点の周辺で

待ち伏せされるパターンが非常に多いです。

 

1.具体的なあなたの居住地を悟られない方法として、

最寄りの駅から自宅までの(徒歩圏の距離内)

以下のポイントがどれだけあるかを把握しましょう。

  • 警察
  • コンビニ
  • レンタルCDショップ(ツタヤなど)
  • その他24時間営業の店(吉野家など)

 

2.最寄りの駅から自宅までの「いつもの道」に

上記のポイントがあるかどうかを把握しましょう。

 

何となくストークされている、

待ち伏せされていると感じたら

「いつもの道」ではなく、

可能なら日替わりで道を変える事をおすすめします。

 

警察コンビニなど先に調べたポイントがある道や、

人通りの多い夜中でも明るい道がベスト

 

なぜ、警察やコンビニなど

先に調べたポイントがある道が

ベストなのでしょうか?

 

それは、ストーカーによる

「待ち伏せ」「付き纏い」だけではなく、

急に襲われた場合に逃げ込める場所として

警察やコンビニなどが有効だからです。

 

 

元カレ(彼氏)から、話しかけられがちな場合は?

●端から無視はせずにハッキリと断る。


参照元:http://gahag.net

このケースは、先ほどお話した

「待ち伏せ」「付き纏い」延長上の場合や、

最悪なケースだと

玄関を開けたら元カレがそこにいる場合

土下座の場合の対策と考えてください。

 

元カレ(彼氏)からの

ストーカー対策の基本は「相手にしない事」ですが、

これは「無視する」とは少々意味合いが違います。

 

「相手にしない事」でも

ちゃんとルールは存在しますよ。

 

「待ち伏せ」「付き纏い」延長上で

元カレ(彼氏)に話しかけられがちな場合、

感情に任せて一方的に「無視」するのではなく

日と時間と場所を改めて話し合う事をおすすめします。

 

※一歩的に無視すると、

元カレ(彼氏)が逆上する可能性が高くなり

問題をさらに複雑化する原因にも。

 

話し合う場所も、割と人の出入りが多い

ファミレスやカフェなどが良いでしょう。

 

日と時間を改めて話し合う」議題は、

ずばり面と向かって「別れた」事を伝える事。

 

最近は別れを告げる方法も、

電話やLINEなどで別れを伝えるケース

非常に多いと聞きます。

 

それゆえに、別れたにもかかわらず

別れた実感が無かったり、

別れた事実を認めたくないため

元カレ(彼氏)ストーカーに陥るケースも。

 

「付き合ってください」で始まる「恋愛関係」、

何らかの原因で別れる事になったとしても

そこはやはり、直接会って「別れてください」と

関係を終えるのがルールではないでしょうか?

 

 

元カレ(彼氏)からプレゼントされがちな場合は?

●コトバを選びつつもハッキリと断り受け取らない。


参照元:https://pixabay.com

「待ち伏せ」された挙句、いきなり意味不明に

派手な「花束」や「アクセサリー」など、

元カレ(彼氏)から脈略もなく

プレゼントをされた場合の対策です。

 

付き合っていても

いきなりのプレゼントは「何故?」

思うことも多いでしょう。

 

それもサプライズイベントと称して楽しむのも

恋人同士の醍醐味ではありますが。

 

これが元カレ(彼氏)から

脈略なくプレゼントをされた場合は

「恐怖」でしかありません。

 

別れている=他人になった」はずなのに、

突然プレゼントをされても

ストレス以外の何物でもありませんよね。

 

元カレ(彼氏)から

脈略なくプレゼントをされた場合、

勇気はいりますが受け取る理由が無い事を

言葉を選んで元カレ(彼氏)に伝えましょう。

 

気を付けなければいけないのは、

「拒否」や「興味がない」ことを伝えても

決して一方的に「無視をしない事」です。

 

「拒否」や「興味がない」ことを伝えた後で、

逆切れ等トラブルを発生した場合は

迷わず警察へ駆け込みましょう。

 

また、いきなりプレゼントを

宅急便等で送られてきた場合の対策として、

可能な限り受け取り拒否」をします。

  • 郵便の場合…受け取り拒否
  • 宅急便…受け取り拒否(ヤマト運輸、佐川急便)
    受け取り拒否の旨を配達員に伝えると、荷物は持って帰ってもらえます。

後日、「受け取り拒否」の旨を「手紙」で伝えても良いでしょう。

 

 

元カレ(彼氏)からラインやメールされがちな場合は?

●拒否の意思を伝え内容を保存しておく。


参照元:https://www.pakutaso.com

頻繁にLINEメールがある場合も考えられます。

 

この場合、

誹謗中傷メール(LINE)なのか?

脅迫メール(LINE)なのか?

復縁希望メール(LINE)なのか?

近況報告メール(LINE)なのか?

 

メール(LINE)の内容によっても

若干対策が変わってきます。

 

共通している対策方法としては、

別れた後の元カレ(彼氏)のメール(LINE)は

内容に関係なく保存しましょう。

 

復縁希望メールや近況報告メールの場合、

こちらが全くその気がない限りは

勇気をもって改めて元カレ(彼氏)と会った上で、

自分の言葉ではっきり断りましょう。

 

会うことで元カレ(彼氏)に

期待を抱かせるという意見もありますが、

事情を理解している第三者を交えて会えば

その懸念はクリアできるはずですよ。

 

誹謗中傷メールや脅迫メールの場合は、

別の要素も含むので別途項目で記載しています。

 

 

元カレ(彼氏)から脅しや嫌がらせされがちな場合は?

●防犯ブザーやスマホで助けを呼んだり警察へ駆け込む。


参照元:https://pixabay.com

この場合は、ストーカーうんぬんとは別件の

れっきとした犯罪」。

 

直に会って「別れたい」と伝えて

充分な話し合いをしたにもかかわらず、

「別れた」事実だけが残りストーカーに走る

元カレ(彼氏)のケースも大いに考えられます。

 

脅迫」「嫌がらせ」「暴言」などは

場合によって生命の危険に至る可能性も高いので、

そのような行為に晒された場合は

防犯ブザー防犯スプレーなどの

防犯グッズで身を守りつつ、

警察に通報依頼するなり周りに助けを求めましょう

 

冒頭で記載したように

コンビニなどに逃げ込むのもアリかもしれません。

 

暴力」「他傷行為」などの実力行使に移った場合

迷わず警察に駆け込みましょう

 

被害届提出案件間違いないので、

相談実績を作るのも方法としてはアリです。

 

 

元カレ(彼氏)から電話やSNS等で脅迫や誹謗中傷されがちな場合は?

●自分の情報を隠すor退会する。


参照元:https://www.photo-ac.com

メールやブログ、SNS等での脅迫や誹謗中傷は

いわゆる「ネットストーカー」でのケースです。

 

考えられる方法をまとめてみました。

電話の場合

  • 誹謗中傷の通話内容は保存、留守録も同様
  • 最も留守録は設定しない(している時点で、留守にしている時間帯がある事がバレる
  • 相手の電話番号を「着信拒否」にする
  • 一応「非通知番号」も「着信拒否」にする
  • スマホの場合、思い切ってキャリアを変える。

メールの場合

  • 脅迫メールや誹謗中傷メールそのものは保存可能な限りヘッダー情報をチェック。
    ヘッダー情報…送信者メールの受信経路や受信時間、経由先が記録されている情報
  • 相手のメールアドレスを受信拒否設定
  • セキュリティソフト等で相手のメールアドレスを「迷惑メール設定する、
    アドレス変えてもメールが来る場合は、ドメイン指定で迷惑メール設定する。
  • サーバー側でも設定できる場合もある

メールアドレスを変えたうえで、例えば以下のように分けるのも手です。

  • 「応募する」「登録する」等の表向きのやり取りの為のフリーメール
  • プライベート連絡用」のメールアドレス(相手によって使い分ける)
  • 仕事用等の公的な顔用のメールアドレス

万が一元カレからメールがあった場合、

フリーメールで対応すればいいのです。

 

中には「全連絡方法を絶つのも逆に危険」と

元カレからメール連絡だけを残すケースも。

 

上記はPCメールを想定したストーカー対策ですが、

スマホメールでも対策そのものは同じです。

ブログの場合

  • コメントを受け付けない」設定にする
  • 判別されそうな写真はアップしない
  • (FC2などの無料ブログサービスを利用している場合)他の無料ブログサービスへの引越も視野に入れる

SNSの場合

  • 誹謗中傷LINEは、その画面のスクショを取るなどして証拠を残す。元カレ(彼氏)のアカウントをブロックする。
  • 具体的なプロフィール(身元判別可能レベルの個人情報など)を記載しない
  • 就職している会社は元より、卒業した学校や卒業した年(特にfacebook)も記載しない。
  • それでもSNSがしたい場合は匿名のアカウントで登録する。
  • 思い切って退会するのもアリ。
  • どこから情報が漏えいするかも解らないので、
    元カレとの共通の知人すらも詳細は伝えない(意見が分かれるところではありますが)

できるのであれば、

(表向き)ネット上のあなたの痕跡を消してしまう事。

 

ある意味無法地帯といわれるネット上で、

名前や写真などの個人情報を提示するという事は

負わなくても良いリスクを負う責任も発生します。

 

あまりにしつこい場合は、

誹謗中傷通話記録やメール等の証拠を持って

然るべき場所に相談するか、被害届を出しましょう。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

元彼(彼氏)のストーカーの対策や撃退におすすめのアイテムは?

以下は1人暮らしの女性を想定した「おすすめアイテム」。

 

1人暮らしの女性は、最も元カレ(彼氏)に

ターゲティングされやすい要素なんです。

 

あなたが実家住まいだったとしても

決して油断はできませんが、

誰かしら家に居るというのはセキュリティ的に◎

 

数ある中でも、ストーカー対策や撃退に

おすすめのアイテムをご紹介します。

 

元彼(彼氏)ストーカーの対策や撃退にはメンズのアイテムがおすすめ!

元彼(彼氏)と別れてから

少し時間が過ぎている場合や、

転職や諸事情で引越した場合に使える方法。

 

要するに、

誰かと一緒に住んでいるように偽装するのです。

 

一番有効なのは、

すでに新しい彼氏がいるように偽装する方法。

 

同棲しているように偽装するのも良いでしょう。

 

写真画像のメンズの服装アイテムはほんの一例です。

 

バックプリントもあるデザインではありますが、

いわゆるマルーン単色のシンプルなTシャツ。

 

単色のTシャツなのでハンガーかけにして、

カーテンレールに吊るすとかなり目立つでしょう。

 

他のアイテムでももちろん有効です。

  • ジャケットやデニムパンツではなく、デイリーユースなメンズ服装アイテムなら◎。
  • 洗いたてのデイリーユースなメンズ服装アイテムをベランダに干す

 

新しい彼氏は難しいとしても、

誰かと一緒に住んでいるように

偽装することは誰でもできますよね。

 

姉妹や友達とルームシェアしているように

偽装するのも良いでしょう。

 

あなたが住んでいる場所が、

オートロックの賃貸マンションなら

セキュリティ的には有効ですが、

「偽装」するに越したことはありません。

 

単身者向きの賃貸マンションなら

管理人に「偽装」の件の話を通した方が無難でしょう。

 

何よりも、

常に一人でいる事を元カレ(彼氏)に

悟られない事が大切ですよ。

 

 

元彼(彼氏)ストーカーの対策や撃退には防刃チューブトップ がおすすめ!

防刀」とは文字通り

刃物による攻撃を防ぐ」を意味します。

 

その「防刀機能を持った

チュープトップ」という事は

夏用のレディースインナー

 

夏用のインナーなので

通気性も優れているという高機能

 

さらに「京都西陣yoroiシリーズ」の1アイテム、

ある意味「鎧」と言っても過言ではありません。

 

防犯アイテムで「防刀ベスト」「防刀ベスト」は

耳にしたことがある人も多いでしょう。

 

文字通り、写真のアイテムも

レディースインナーでありながら

西陣織ではないものの、

高度な耐久性を誇る

「超高強力ポリエチレン繊維」を使用した

レアものの「防犯アイテム」です。

 

明らかにストーカー犯罪や

最近の意味不明な犯罪を意識した

女性用防犯アイテムといえますね。

 

どれほどストーカー犯罪や

最近の犯罪被害が深刻化しているのかが伺えます。

 

元カレ(彼氏)から脅しや嫌がらせされた際に、

ナイフで刺されるなどの最悪な場合でも

防刀」できる最終手段ともいえるアイテム。

 

防犯アイテムとして常備をおすすめします。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ストーカーの対策や撃退してくれるおすすめの探偵事務所は?

ストーカーの対策グッズでおすすめや人気なのは?防犯には必須!

ストーカーからラインがくる時の対処法!ブロックや既読無視はいい?

つきまとい行為をストーカーにされない対策や撃退方法とは?

ストーカーを警察に相談し対策や撃退をしてもらう方法のご紹介!

 

いかがでしたでしょうか?

 

ひとくくりにに元カレ(彼氏)による

ストーカーといっても恋愛感情で知り合った関係。

 

あなたが精神的に追い詰められるほどに

元カレ(彼氏)がストーカーするのは、

どこかで元カレ(彼氏)が自分のことを

「ストーカーと認めていない」可能性があるからでしょう。

 

原因関係なく、手に負えない事例も有り得ます。

 

あらゆる手で自衛してもダメという場合は

こちらの探偵事務所をおすすめします

数ある中でも探偵事務所でも

原一探偵事務所」は特におすすめ!

 

浮気調査の印象が強く、

法律サポート体制が充実している

原一探偵事務所」ですが、

それこそデリケートな事例でもある

元カレ(彼氏)によるストーカー対策にも

積極的にサポートしているのをご存じでしょうか?

 

最近の犯罪の傾向に沿うかのように

積極的に依頼者に提案し展開しています。

 

百戦錬磨のスタッフや警察OBも数多く在籍

元カレ(彼氏)によるストーカーが

完全に収束するまで事務所挙げて全力でフォローします。

 

調査料金も一見高額にも感じますが、

仮に調査の流れで追加調査が発生したとしても

お見積りで算出、

契約した料金以上の料金の追加請求はしません。

 

ストーカー対策を講じるにしても

不安や恐怖が先行し萎縮してしまい、

なかなか手が打てない状態なら

まずは第三者の手を借りるなり、

原一探偵事務所に相談を!

 

ストーカー対策に待ったはありません。

 

以上『元カレ(彼氏)のストーカーの対策方法や撃退方法!被害を無くすには?』の記事でした。