ニュース等でたまに見る数字で

ストーカー犯罪の加害者の約60%は、

元交際相手や元配偶者」というのがあります。

 

一方でストーカー犯

約9割が男性(元カレや元旦那)というデータも。

 

ストーカーは男性特有の犯罪と

解釈されがちですが、

特定原因によるストーカーに関しては

男性の方が多い、というだけであって、

ストーカー全体でみると

男女の差はあまり無いと考えます。

 

特定原因とは

元交際相手や元配偶者」のことであり、

つまり男性→女性へのストーカーが多い

という意味ですが、

実際には男女比率の差だけの問題ではありません

 

なので今回は、現在考えうる

元カノ(彼女)のストーカーの対策方法や

撃退方法などをまとめました。

 

元カノ(彼女)からのストーカー行為に

悩んでいる方におすすめなのが、

原一探偵事務所」!

 

調査実績43年と信頼出来る探偵事務所で、

24時間365日無料で相談にのってくれます。

 

以下のリンクから飛べるので、

一度相談だけでもしてみてください。

 

 

元カノ(彼女)からのストーカーを受けないようにするには?

基本的にストーカー対策に性差は無いとすれば、

性格の差やストーカー化した理由にもよると考えられます。

 

元カノ(彼女)からのストーカー対策例を

いくつかご紹介していきますので、

参考にしてみてください。

 

元カノ(彼女)から電話やネットストークされがちな場合は?


参照元:https://www.photo-ac.com

付き纏い待ち伏せと同様に、

元カノ(彼女)からのストーカー行為で

真っ先にイメージするのが、

執拗な電話メール(またはLINE)でしょう。

 

別名「ネットストーカー」とも呼ばれる行為の1つ。

 

付き合っている時に、

あなたの電話番号やメールアドレス等の個人情報が

元カノ(彼女)に知れ渡っている事も充分に考えられます。

 

元カノ(彼女)から

別れてからも電話連絡があるなら

迷わず電話内容を録音することをおすすめ。

 

スマホなら通話記録アプリ

固定電話なら録音機設置がおすすめです。

 

別れてからもメールやLINEが頻繁にあるようなら、

メールそのものやLINE画面も保存しておいてください

 

仮に何かのタイミングで

頻繁にあった電話やメールが止まった場合、

またしばらくしても再開しなかった場合は

削除すればいいだけの事です。

 

以上の作業は、

ストーカー犯罪の立証の為の「証拠」となりますよ

 

また、メールのやり取りしている間は

すぐには対策せずに時間をおいて言葉を選びながら

差し障りない内容で返信すればいいでしょう。

 

電話の場合も対策は基本メールと同じですが、

人によっては声は聴きたくないという

ケースもあると思います。

 

その場合は着信拒否するしかありません。

 

無言電話は基本スルーです。

 

電話にしろメールやLINEにしろ、

それでも病的に粘着される場合の対策は

下記の対策をしたうえで、

元カノ(彼女)との共通の知人なり第3者に相談を。

  • 電話…着信拒否
  • メール…受信拒否(もしくは唯一の連絡手段として残す)
  • LINE…ブロック

電話やメールは、

恐怖心を煽るツールにもなるので対策に注意が必要です。

 

放置すればストーカーは悪化する一方なので、1日も早い対策を!

 

 

元カノ(彼女)から待ち伏せや付き纏いをされがちな場合は?

参照元:http://6iee.com

待ち伏せや付き纏いは、

上記の元カノ(彼女)からのネットストークから

さらにストーカー化が進んだ状態

もしくは同時に被害を受ける可能性があるストーカー行為。

 

一目会いたいから」「話を聞いて」「一緒に居て」など、

特に別れたばかりの時期に多いストーカー行為と考えます。

 

付き合う前のストーカー行為も充分あり得ますし、

現在進行形で彼女と付き合っている時でも考えられる

「付き纏い」「待ち伏せ」等のストーカー行為。

 

ストーカー行為に優劣は無いのですが、

別れた後の同様なストーカー行為は

更に恐怖心が残る「迷惑行為です。

 

元カノ(彼女)からの

このようなストーカー行為がされがちなら、

1度改めて会って、

はっきりと「付き纏い」「待ち伏せ」を

辞めるように伝える事が大切。

 

コトバを選んで元カノ(彼女)に

期待を持たせる言動をしない事がポイントです。

 

ファミレスなど人目が多い場所で

可能であれば共通の知人など

第3者交えての話し合いがBESTですよ。

 

もちろんICレコーダー等での言質を取る事も忘れずに。

 

※面と向かって言葉で伝えても

納得しないストーカーのケースも多いですが、

諦めモードでストーカーを結果的に放置するよりは

よっぽど有効的な手段と考えます。

 

 

元カノ(彼女)から復縁要請されがちな場合は?


参照元:https://www.photo-ac.com

最もあなたに復縁の意思があるのなら

そもそもも別れを選ばないはずですし、

何らかの理由で別れたとしても

積極的に復縁に向けてあなたも動きますよね

 

一方的に元カノ(彼女)から

ストーカー的な復縁要請があった場合や、

復縁の意志はない」とハッキリ伝えたにもかかわらず

元カノ(彼女)にストークされた場合は、

元カノ(彼女)との共通の知人交えて

直に会った上で「復縁要請を拒否する意志」を伝えましょう。

 

一番のBESTは「新しい彼女の存在をちらつかせることです。

  • スマホの待ち受けを新しい彼女の画像にする。
  • 新しい彼女の連絡先をスマホに入れる。
  • (婚約指輪っぽいデザインの)指輪を左手薬指にする。

新しい彼女の存在をちらつかせながら

復縁要請を拒否する意志」を伝えると、

さすがに元カノ(彼女)のストーカー行為は止まると考えます。

 

以上のケースは

元カノ(彼女)と表記しましたが、

正確には元カノであり「復縁要請」なので

別れてからしばらく時間が過ぎても

ストークがある状態を前提にした場合ですよ。

 

「復縁要請」はストーカーする理由の1つに挙げられます。

 

様々な事象は確かにありますが、

復縁要請が受け入れられない」なら

最後まで初心を貫き通す意志の強さ

元カノ(彼女)によるストーカー対策は

これに尽きるのではないでしょうか?

 

 

元カノ(彼女)から「住居侵入」や「いたずら」を示唆する言動をされがちな場合は?

参考元:https://www.pakutaso.com

しつこく電話やメールなどで、

住居侵入」「いたずら

そそのかす言動や表記があった場合や

常に見張っている」事をそそのかす言動などがあった場合、

明らかにこのケースは「脅迫」です。

 

元カノ(彼女)に「住居侵入」されたり、

強姦」で訴えられたりした場合は、

その時点でストーカー犯罪を超えた別の犯罪

変わってしまっているので、

前者は警察へ相談、後者は弁護士事務所への相談を

視野にいれるべきでしょう。

 

ストーカー対策は待ったなしです。

 

時間が経てば経つほど

ストーカーに期待を持たせる結果となるので、

これ以上の被害を拡散させないためにも

すぐに何らかの行動を起こしてください。

 

 

元カノ(彼女)から脅迫などをされがちな場合は?


参照元:https://pixabay.com

元カノ(彼女)からの復縁要請ではなく、

以下のような発言例があれば完全に「脅迫」です。

  • 「私と復縁しないなら、あの件(虚偽)を友達や知人に言いふらす」
  • 「私と復縁しないなら、訴える!損害賠償を請求する!」
  • 「私と復縁しないなら、あなたの職場へあなたの事を言いふらす」

 

ICレコーダーや録音機、

場合によってはスマホの動画保存などで

可能な限りその様子を保存し、

被害届提出の際の証拠にするために

しっかり残しておきましょう。

 

もはやストーカー犯罪ではなく

別の犯罪にシフトチェンジしています。

 

仮に、元カノ(彼女)による

家族や親戚を傷つける的な発言や

あなたを落とし入れるような発言があれば、

ストーカー化がかなり進んでおり

「暴力」「傷害」一歩手前とみていいでしょう。

 

あなた1人で収集図れるレベルではありません。

 

また、「暴力」に至ると

取り返しが付かなくなる可能性もあるので、

半ば強引にでも第3者に相談することをおすすめします。

 

最も「器物破損」「住居侵入」、

最悪「殺人未遂」「傷害」のケースとなると

「警察へ駆け込む」の一択しかありません。

 

ストーカー行為も「脅迫」、「暴言」や

「傷害」、「暴力」などに至るまでに、

何とか被害を防ぐことができたらと願ってやみません。

 

 

元カノ(彼女)から家族・親戚や会社へ突撃されがちな場合は?


参照元:https://model.foto.ne.jp

元カノ(彼女)によるストーカー行為が

下記の状況にまで及んでしまった場合。

  • 会社…あなたを呼び出す面会を要求する。または会社へ電話をする
  • 家族や親戚、知人…あなたの連楽先を何回も確認する。あなたについて虚偽の発言を叫ぶ

 

元カノ(彼女)のストーカー行為の

ターゲティングがあなただけではなく、

あなたのまわりにまで及ぶようなら

迷わず警察へ被害届を出すか

既出の方法で証拠等があるなら

弁護士を雇って法的措置を取るのもアリかと考えます。

 

元カノ(彼女)のストーカー犯罪の範疇を超え、

すでに「別の犯罪」に変化した状態であり、

第3者に影響が及んでいるので

全く別の対策をしなければいけません。

  • 会社にまで影響が出ているなら、会社の協力を取り付ける、
  • 家族や親戚、知人にまでストーカー行為が及んでいる場合、
  • 家族や親せき、知人の協力を得る

 

あなた1人で対策できる範疇を超えているので、

可能な限りの周囲の協力を取り付ける事をおすすめします。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

元カノ(彼女)のストーカーの対策や撃退におすすめのアイテムは?

付き纏い嫌がらせはもちろん、

過度な復縁要請や会社への突撃などは

すでに「ストーカー犯罪」の範疇を超えています。

 

元カノのストーカー対策や撃退といっても

やんわりとしたモノではなく、

ハードな対策が必要と考えるべきでしょう。

 

そのハードな対策に

おすすめのアイテムをご紹介します。

 

元カノ(彼女)のストーカーの対策や撃退にはメンズ仕様の指輪がおすすめ!

婚約指輪と直結しがちで

リスクがあるのも否めないですが、

復縁はまずありえない」という状態で

面と向かって言葉で元カノに伝えても聞き入れない場合。

 

かなりストーカー度が進んでいる可能性もありますが、

別れて時間が少々過ぎている場合は

既に新しい彼女がいる」ことを

アピールするのも視野に入れるべきでしょう。

 

手っ取り早いのはやはり指輪です。

 

メンズ仕様の指輪といえば

厚みのあるしっかりしたデザインが多いですが、

ここでいう「メンズ仕様の指輪」は

婚約指輪をイメージするデザインのものがBEST!

 

上記の写真画像の指輪は、

アクセサリーブランド「f’e-f’e(フェフェ)」と

スポーツアクセサリーブランド「phiten(ファイテン)」のコラボアイテム。

 

飽きのこないデザインに加え、

キズか付きにくいステンレス製が特徴です。

 

少々幅が広いデザインですが逆に目に付くので、

元カノのストーカー対する抑止力にはなるはず。

 

すでに実際に新しい彼女が存在しているなら、

スマホの待ち受けにするなり

プリクラをスマホケースに貼るなりして、

元カノに立ち入る隙はないということを

徹底して伝える事が重要です

 

元カノ(彼女)拒絶するのは

コトバ選びもかなり神経を使いますが、

1度好きになった元カノ(彼女)の

ストーカー行為を止めるという意味でも

今のあなたの意志を伝えるべきですよ。

 

 

元カノ(彼女)のストーカーの対策や撃退にはICレコーダーがおすすめ!

ボイスレコーダーICレコーダーは、

全般的な意味において防犯アイテムや

ストーカー対策アイテムの1つに挙げられています。

 

最大の理由は、言質を取ることで

ストーカー被害の有力な証拠の1つになるということ。

 

また、ストーカー自らの言動や行動が、

どれだけおかしいかということを

冷静に判断する材料としても

ボイスレコーダーやICレコーダーは有効と考えます。

 

上記写真のICレコーダーは、

特にインタビューや講義等の録音に適した仕様なので、

ポケットに忍ばせておけば

充分クリアな音で収録できることでしょう。

 

ちなみにXPステレオで約44.5時間録音可でき、

音質を下げると更に長時間録音が可能です。

 

急を要する場合はスマホだけでも十分ですよ。

 

やり取りの様子をスマホの録音アプリで

言質取るのもいいですし、

録画機能で撮影ももちろんアリでしょう。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

元カレ(彼氏)のストーカーの対策方法や撃退方法!被害を無くすには?

ストーカーの対策グッズでおすすめや人気なのは?防犯には必須!

ストーカーからラインがくる時の対処法!ブロックや既読無視はいい?

つきまとい行為をストーカーにされない対策や撃退方法とは?

ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

ストーカーの対策や撃退してくれるおすすめの探偵事務所は?

 

いかがでしたでしょうか?

 

ストーカーというのは、

自分は極めて正常話を聞いてもらいたいだけ

自分の行為は決してストーカーではないなどと

思い込んでいる場合が多く、

決して自分のストーカー行為を認めようとしません。

 

むしろ自己の行為を正当化しようとするケースもあるでしょう。

 

様々な手を講じても

あらゆる手で自衛しても、それでもダメなら

以下の探偵事務所をおすすめします。

 

 

数ある中でもこちらの「原一探偵事務所」がおすすめ!

 

浮気調査の印象が強く

法律サポート体制が充実している原一探偵事務所」ですが、

それこそデリケートな事例でもある

元カノ(彼女)によるストーカー対策にも積極的に

サポートしているのをご存じでしょうか?

 

最近の犯罪の傾向に沿うかのように

積極的に依頼者に提案し展開しています。

 

百戦錬磨のスタッフや警察OBも数多く在籍

元カノ(彼女)によるストーカーが完全に収束するまで

事務所挙げて全力でフォローします。

 

調査料金も一見高額にも感じますが、

仮に調査の流れで追加調査が発生したとしても

お見積りで算出、契約した料金以上の料金の追加請求はしません。

 

ストーカー対策を講じるにしても

不安や恐怖が先行し萎縮してしまい、

なかなか手が打てない状態なら、まずは第三者の手を借りるなり、

原一探偵事務所の探偵事務所に相談を

 

ストーカー対策に待ったはありません。