不倫について、どう思いますか?と書くと

当サイトとかなりズレた記事内容になってしまいますが、

不倫相手がストーカーとなると

 

まず、不倫そのものとストーカー行為と分けて考えるべきか?

 

そもそも他が原因のストーカーとまた違うものなのか?

 

様々な憶測や解釈が飛び交うなかで

不倫に対する考えや当事者の立場、

またその周囲の関係者によって全く解釈や考え等が変わり

収拾つかなく可能性もあります。

 

ですが、ひとつ言えるのはどのような理由であっても

ストーカーは正当化できない行為ということ。

 

そのストーカー犯が不倫相手だと

さらに問題を複雑にしている傾向があります。

 

1秒でも早くストーカー行為を止める意味でも、

不倫相手のストーカーの心理状態や考えなどを

理解はできなくても、知る必要があるのではないでしょうか?

 

その方が結果的に

不倫相手のストーカー対策に繋がると考え、

不倫相手のストーカーの心理や考え、

対策や撃退方法などをまとめてみました。

 

 

不倫相手からのストーカー被害でお悩みのお方は

自分で解決するよりも法律事務所に頼るべきです。

 

数ある中でも「原一探偵事務所」が特におすすめ!

 

調査実績43年の信頼できる法律事務所で、

テレビでも見たことがあるという方もいるかと思います。

 

24時間365日無料で相談対応してくれますので、

一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

 

以下の画像リンクからアクセスすることができます。

 

 

不倫相手のストーカーの心理や考えとは?

不倫そのものは非現実的な面や現実逃避なところがあり、

一旦拗らせてしまうと

瞬間でストーカー化してしまう可能性がかなり高くなります。

 

以下は、その不倫相手のストーカーの

心理や考えなどの一例です。

 

不倫相手のストーカーは何かと偶然を装う!


参照元:http://365-nnz.com

恋人同士のように通常普通に逢えないかったり

通常の恋人同士のようにデートもできないからこそ、

何かと偶然を装い、少しでも逢うことができるようにと

あなたの周辺に現れる不倫相手。

 

1回や2回程度なら「偶然を装う」事も可能ですが、

例えばあなたが働いている仕事場の最寄駅周辺で

何度も見かけたり、あなたが良く利用するカフェやランチの店で

不倫相手が何回も利用していたら?

 

また、不倫相手の住所にもよりますが

明らかにあなたの行動圏内と

不倫相手の行動圏内が普段被らない場合、

それは待ち伏せしている可能性が高いです。

 

すでにその不倫相手はあなたに対してストーカー状態です。

 

しかも、タチが悪いのが

不倫相手は自分が

ストーカーしているということに

気づいていないということ。

 

総じて、不倫相手のそのようなバレバレな行為は

得てして周囲に見破られる事も多いでしょう。

 

不倫そのものはかなり我慢を強いられる関係です。

 

例えあなたの関係者や知人であっても、

知られてはいけない関係で、

逢いたい時に逢えない関係が不倫なのです。

 

パートナーに不倫相手の関係がばれた時のリスクを考えるなら

不倫相手のストーカー行為を止めるように話し合いをするべきですよ。

 

また、不倫相手との関係を解消した後でも

偶然を装ったストーカー行為が続く場合は、

ストーカー行為が悪化している可能性があります。

 

どうしても諦めきれない」と言わんばかりに

最悪の場合、暴力や傷害を受ける可能性も否定できません。

 

このタイプのストーカー対策は

不倫関係がパートナーや親せき関係者にばれても良いという

ある種の覚悟も必要の上で、

信用のおけるあなたの知人などに相談する事をおすすめします。

 

 

不倫相手のストーカーはイベントにお金をかける!


参照元:https://pixabay.com/ja

クレカ(家族カード含む)の購入履歴や、

生活費や貯金用の銀行口座の入出金履歴を確認したとして

意味不明な入出金履歴等はありませんか?

 

記憶にない意味不明な銀行口座引き落としなどが、

記帳されていないでしょうか?

 

クレカの場合は購入履歴で購入商品が確認できます。

 

この購入商品が、

ホテルや高級レストラン、果ては旅行代金だった場合は?

 

不倫相手にお金をかけている可能性があります。

※家庭預金や生活費への使い込み発覚の時点で、

かなり重症なのが見て取れますよね。

 

不倫相手(男性)が

不倫相手の彼女へのお金の流れは、ズバリ「貢ぐ」行為。

 

ハイブランドな服飾雑貨や貴金属などが多いでしょう。

 

不倫相手(女性)が不倫相手の男性へのお金の流れは、

デートそのもの、食事やホテル等にお金を使う傾向が強いです

 

※もちろん男性側が払うケースも多々ありますよ。

 

不倫という非現実的で現実逃避的な関係に浸りたいから

お金を使い、その非現実的で現実逃避的な関係を楽しみたいから

その行為を繰り返す。

 

お金で不倫関係を繋げようとする心理状態や考えを持つ

不倫相手は明らかにストーカーであり、

その行為は「借金」まで及ぶことも珍しくありません。

 

その結果、最悪なケースとして

暴力沙汰になることもあるでしょう。

 

お金浪費型の不倫相手のストーカー対策ですが

基本的にお金の切れ目が縁の切れ目、と断言したいところではありますが

不倫関係を続けたいために「借金」に及んでいた場合は、

「事実確認」の意味でも、第3者機関へ相談するしかないと考えます。

 

 

不倫相手のストーカーはやたらプレゼントしたがる!


参照元:https://www.pakutaso.com

先の「お金浪費型の不倫相手ストーカー」と少々かぶります。

 

敢えて言うのであれば、

相手に貢ぐタイプの不倫相手ストーカー」といったところでしょうか。

 

貢ぐタイプの不倫相手ストーカーは

不倫相手(男性)→不倫相手の女性のケース多いストーカー行為です。

 

アクセサリーや服飾アイテムなど、

なぜかプレゼントするモノはハイブランドなものが多いのが特徴です。

 

自分の妻にすらプレゼントしたことがないモノを

不倫相手の女性にプレゼントするといった、

一見笑い話のようなケースもあるでしょう

 

正に「お金やプレゼントで関係を繋ぎとめる」心理や考えの典型的なケース。

 

 

一方で不倫相手(女性)→不倫相手の彼氏のケースに多い

プレゼントしたがる」といった心理状況も。

 

常に一緒に居る事が出来ない分、

身に着けるモノや服飾小物を不倫相手の彼氏にプレゼントすることで

私の事も思い出して」とアピールするのです。

 

いわゆる結婚指輪に負けない「繋がり」をそのプレゼントに込める、

それはストーカーの心理状況や考えに他なりません。

 

しかし、身に着けるモノや服飾小物を

不倫相手の彼氏にプレゼントは同時にハイリスクも伴います。

 

不倫がバレる可能性が高いのです。

 

女性は総じて恋愛すると周囲にアピールする傾向がありますが、

不倫の場合はその行為は「ルール違反」なのです。

 

不倫相手によるこのようなプレゼントストーカー対策は、

ハッキリと止めるように伝えるしかありません。

 

 

不倫相手のストーカーはSNSチェックを相手に強要する!


参照元:https://www.photo-ac.com

facebookなりInstagramなり身バレしない程度にフェイクを入れて

現在の(不倫)状況や、不倫相手の彼氏とのラブラブぶりを

アップしている不倫相手(女性)も多いのではないでしょうか?

 

中には鍵付きのブログで「不倫実況日記」を

アップしている不倫相手(女性)もいるでしょう。

 

匿名性を有効活用し「歪んだリア充」を

堪能している不倫相手(女性)は、

時として不倫相手の彼氏に「毎日チェックしてほしい」と

毎日のように強要することがあります。

 

表立った被害は無いモノの、

そうこの時点で立派なストーカー行為です。

 

アクセス制限かけた場合は確かに閲覧者制限可能ですが、

身バレしない程度にフェイクを入れてのネットアップでも

それは「全世界に向けて発信している」事を意味しているのをご存じでしょうか?

 

使い古された言葉ですが

不倫という非現実的で現実逃避的な関係に浸っている分、

「お花畑」な心理状態や考えに

陥っている心理状態の可能性が高い不倫相手(女性)。

 

「お花畑」な心理状態や考えに陥っているなら、

つい不倫相手(女性)の友人にも語ってしまいがちに

 

この場合、別の意味でストーカー行為をする可能性があります。

 

「ラブラブでお花畑」な心理状態や考え、

気持ちを不倫相手の彼氏にも伝えたいということが

不倫相手の彼氏の生活圏に浸食するようであれば、

コレも立派なストーカー行為です。

 

ドリーマー型の不倫相手のストーカー対策ですが

まずは不倫相手のfacebookなりInstagramやブログ等を一切見ない事。

 

そして「不倫のルールに反している」ので

SNS閲覧強要は辞めてくれ、とはっきり気持ちを伝える事です。

 

 

不倫相手のストーカーはポエマーになる!


参照元:https://pixabay.com

不倫という非現実的で現実逃避的な関係に

浸り切っている人の心理状態や考えとしての特徴として

ポエマー(詩人)になる」傾向があります。

 

特に不倫相手(女性)→不倫相手の彼氏のケースに、この傾向が強いでしょう。

 

※ここでいう不倫相手(女性)は既婚未婚関係なく、

不倫相手の彼氏が既婚の場合です。

 

仮に不倫相手が日記なりブログを続けていたとすれば?

おそらく恥ずかしい程に自己満足的な

「セルフポエマー」な世界が展開されているはずです。

 

最も日記は言わずもかな個人的な記録ですし

ブログでも閲覧制限できるモノがあるので、

必ずしも一般公開する訳ではありません。

 

しかし不倫相手(女性)の気持ちが向かう先は不倫相手の彼氏であり

非現実的で現実逃避的な関係に浸り切っている心理状態なので

「今の私の気持ち」として、メールなりLINEで伝える事もあるでしょう。

 

「今の私の気持ち」を元にこのポエムが

執拗に送られてくるようであれば、

これは充分すぎる「ストーカー行為」です。

 

直接的なストーカー被害は考えられない行為ですが、

別のリスクを追う可能性があり

また、放置すると他の事案でのストーカー同様、

深刻化する可能性はかなり高いです。

 

「ポエマー」ぷりが酷い時は、

不倫相手のストーカー対策を含む様々意味で

くぎを刺す必があるでしょう。

 

※不倫相手(女性)→不倫相手の彼氏のケースが

特にこの傾向が強い、とは記載しましたが

非現実的で現実逃避的な関係故に

不倫相手(男性)→不倫相手の彼女のケースも充分に有り得ます。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

不倫相手のストーカーの対策や撃退方法は?

以下のアイテムは、不倫相手ストーカー行為に対しての

直接的な撃退アイテムです。

 

ですが、いずれも女性でも扱えるアイテムなので

ストーカー犯罪含め常備必須の

防犯アイテムとしてもおすすめします。

 

不倫相手のストーカーにはビデオフラッシュライト!

LEDビデオフラッシュライト」ですが

本来はダイビングアイテムの1つです。

 

しかも照射角は「ワイド」「スポット」の2種類、

スライドするだけで変える事が可能で

難しいメンドクサイ操作は必要ありません。

 

スイッチを変えるだけで明るさも変える事が可能。

 

例えば、人通りの少ないエリアで不審者と遭遇した時に

いきなりこの「LEDビデオフラッシュライト」でその不審者を照らすと?

 

元々は、岩場の隙間や洞窟内部を照らす目的のアイテムであり

暗闇の中でいきなり光量が高い光に照らされたら、

怯まない人はまずいないでしょう。

 

つまり、防犯ライトとしても充分使えるアイテムなのです。

 

暗闇で暴漢に襲われたときでも充分に仕事をしてくれるはずです。

 

もちろん不倫相手のストーカーに、夜中にストークされても

充分に撃退できる「LEDビデオフラッシュライト」ですよ。

 

女性でも普通に扱えるので、防犯アイテムとしてもおすすめです。

 

 

不倫相手のストーカーにはレザービリー!

まずレザービリーとは、暴漢や不審者に対し

少量の力で多大な攻撃力で打撃可能な防犯アイテム。

 

海外では同仕様のアイテムが警察などの組織や

セキュリティ関連の機関でも使用されている代物です。

 

写真画像のレザービリーは

リストストラップタイプのモノで、

ジャケットのポケットや

日常使いのバックにも忍ばせることができます。

 

警棒のように振り翳したり、

また本体にバネが仕込んでおり撓る角度に制限がなく

女性でも殴るだけでかなりの攻撃力で打撃が可能です。

 

不倫相手ストーカーは元より、

暴漢や不審者に対しても多大な攻撃力で打撃可能のハズ。

 

面白グッズの様なビジュアルに見えなくもないですが、

特に女性におすすめできる防犯アイテムではないでしょうか?

 

最も不倫相手なストーカーから傷害を蒙られる状況は

ストーカー犯罪としてはかなり深刻な状態とも言えます。

 

女性がこのような護身・防犯アイテムを

常に所持している状況は重篤で異常な状況なのです。

 

不倫相手なストーカーからの自衛は怠らない事は大前提ですが、

やはり1秒でも早く警察への相談をおすすめします。

 

 

不倫相手のストーカーは探偵事務所に相談!

不倫相手は普段なかなかデートができない分、

思いつめた状態でストーカー行為を繰り返します。

 

非現実的で現実逃避的な関係ではあるものの

「不倫関係」なので何かと我慢を強いられることも多く、

例えば不倫相手(女性)→不倫相手の彼氏の関係だった場合

時として不倫相手のストーカーの矛先が、

不倫相手の彼氏の配偶者に及ぶこともあります。

 

その危険を感じたのなら、問題が大きくならないうちに

興信所か探偵事務所への相談を。

 

数ある探偵事務所の中でも、

特に原一探偵事務所をおすすめします。

 

まさに不倫浮気調査の印象が強く、

また法律サポート体制が充実している原一探偵事務所」。

 

それこそデリケートで根深い事例でもある

不倫相手のストーカー対策等にも積極的に

サポートしているのをご存じでしょうか?

 

最近の犯罪の傾向に沿うかのように

積極的に依頼者に提案し展開しています。

 

百戦錬磨のスタッフや警察OBも数多く在籍しており、

一筋縄ではいかない不倫相手のストーカーが完全に収束するまで

事務所挙げて全力でフォローします。

 

調査料金も一見高額にも感じるかもしれませんが、

仮に調査の流れで追加調査が発生したとしても

お見積りで算出し契約した料金以上の料金の追加請求はしません。

 

不倫相手のストーカーへの対策を敷くにしても

フラッシュバックやトラウマレベルの不安や恐怖が先行し

なかなか手が打てなくて進まない状態なら、

第3者の助けを借りるが、

まずは「原一探偵事務所等の探偵事務所に相談をおすすめします。

 

以下の画像リンクからアクセスできますので、

勇気をだしてクリックしてみてくださいね。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

元夫のストーカーの心理や考え!被害女性がする対策、撃退方法とは?

元カノ(彼女)のストーカーの対策方法や撃退方法!被害を無くすには?

男性のストーカーの心理や考え!被害女性がする対策、撃退方法とは?

女性のストーカーの心理や考え!円満な対策、撃退方法とは?

元カレ(彼氏)のストーカーの対策方法や撃退方法!被害を無くすには?

ストーカーの対策グッズでおすすめや人気なのは?防犯には必須!

ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

いかがでしたでしょうか?

 

不倫そのものについての問題は確かにありますが

ストーカー犯罪においては、いかなる理由があっても

ストーカー行為が許される理由にはなりません。

 

ストーカー行為に至った経緯・原因があったとしても

それがストーカー行為の免罪符にはなりません。

 

一方で、あなたを含めた不倫相手のストーカー犯罪の被害者は、

様々な立場や立ち位置が考えられます。

 

中には既婚者と知らずに相手と結果不倫関係になり

相手が既婚者と知って別れたとたんにストーカー、

というケースもあるでしょう。

 

不倫相手によって1度でもストーカー犯罪、

特に暴力や傷害にあってしまうと、収拾を図るには

第3者の助力が必要なのは言うまでもありません。

 

原一探偵事務所」をはじめとした探偵事務所経由で

法律事務所や警察への相談をおすすめします。

 

ストーカー対策に待ったはありません。