女性から男性よりも、

男性から女性への行動が多いといわれるストーカー犯罪。

 

恋愛関係にあった元恋人同士はさて置き、

婚姻状態にあった元夫婦が原因のストーカー犯罪も後を絶ちません

 

つまり、元夫が元妻でもあったあなたへのストーカー行為。

 

「元」が付いているのでお分かりとは思いますが、

離婚したにも拘らず、元妻のあなたにストーカー行為を繰り返す

元夫ストーカーがあまりにも多いのです。

 

なぜ元夫はストーカー行為を繰り返すのか?

 

ストーカー行為を続ける元夫の心理状態や考えなど

かなり謎に思いませんか?

 

なので、ストーカー行為を続ける元夫の心理状態や考えをまとめました。

 

 

元夫のストーカー被害でお悩みの方には

探偵事務所に相談することをおすすめします。

 

数ある中でも特におすすめなのが

こちらの「原一探偵事務所」!

 

調査実績43年の信頼できる探偵事務所です。

 

24時間365日相談受付していますので、

これ以上ストーカー被害が深刻になる前に

一度相談して見てくださいね。

 

以下の画像リンクからアクセスすることができます。

 

 

元夫のストーカーの心理や考えとは?

どんな理由であれ、ストーカーの心理や考えそのものが

理解の範疇を超えているのですが、

ストーカーが元夫だった場合、特に苛烈な印象があります。

 

一部ですが、ご紹介していきます。

 

元夫のストーカーは元妻に異常に執着する!


参照元:https://www.pakutaso.com

自分の意に反し「元夫」になった場合、

それを頭で理解したつもりでも、

元夫の感情や精神、身体が理解していなかった場合、

まずは元妻に対し、異常な執着を持ちます。

 

制御できない執着…「憎い」という感情より、

心理的「怒り」がまず元夫を支配します。

 

「なぜ俺と別れた」

「お前との生活の為にいままで必死に頑張ったのに」

「元々別に男がいたのか?」

 

元夫の有責での浮気や不倫での離婚だったとしても

元夫自身の「非」を棚上げにして怒りを募らせ、

元妻に対し、執拗にストーカー行為を行うように。

 

元夫の感情や精神、身体が「離婚」を理解していないのです。

 

だから、一方的な被害者意識で「怒り」を募らせ

とにかく元妻に異常なほどの執着心を持つようになります。

 

このような元夫のストーカー心理への対策ですが、

直接的な被害(暴力や傷害、最悪な場合殺人未遂など)が

発生したかどうかにもよります。

 

直接的な被害を受けていないなら、弁護士相談レベル。

 

※離婚時にお世話になった弁護士なら理想的です。

 

直接的な被害を受けたのなら、迷わず警察に駆け込みましょう。

 

 

元夫のストーカーは元妻に対して未練がましい!


参照元:https://www.pakutaso.com

元夫側の経済的な問題や外的な要因で離婚の上に

元夫の方に元妻であったあなたに気持ちが残っていた場合、

未練という心理状態や考えの元に

ストーカー行為を繰り返すケースもあります。

 

(一方的に元旦那の方が)気持ちが残ったままの離婚なので

納得できるわけではなく、復縁を求めてあなたにストーカーするのです。

 

復縁前提なので過激な行為は考えにくいですが

逆にいつ過激な行為へのスイッチが入るかわからない不安定な危険性も。

 

すでにあなたが再婚していた場合など

復縁の可能性が消えた瞬間が、最も注意すべきタイミングです

 

このような元夫のストーカー心理への対策ですが

「未練」という心理状態や考えの元での元夫のストーカー行為なので

収集つくまでにかなり長期間に渡る事も多いでしょう。

 

まずは、共通の知人等の第3者を交えた話し合いをおすすめします。

 

 

元夫のストーカーは元妻を「所有物」と認識!


参照元:https://www.pakutaso.com

あなたの元夫は、

恋愛期間や婚姻期間からDVの傾向がなかったでしょうか

 

仮にあったとしても、特に新婚時代は

惚気がゆえに気が付かなかった可能性もあったでしょう。

 

DVの傾向があった元夫との離婚は、

総じて元夫がストーカーになるケースが増えています。

 

DV元夫のその心理や考え方として、

離婚前からすでにあなたを人ではなく

「所有物」として見ていた可能性がかなり高いでしょう。

 

しかも離婚後も、あなたを「所有物」として見ている

心理状態や考え方に囚われており、

誰かに取られた、あなたという所有物」を取り戻すために

元夫はストーカーとなってしまうのです。

 

元妻であったあなたが再婚していたりして

「取り戻せない」と知ると、

自分の手元に戻らないのなら他の人に手に

渡らないように所有物を壊してしまおう」という心理状態になり

元妻であったあなたに危害を加える可能性も充分にあり得ます。

 

DVの向かう先は一般的には弱いモノへ行くことが多く、

これにストーカーの傾向が加わると

最悪な場合「所有物であった

あなたを壊す(殺す)まで追い続ける」事態にもなりかねません。

 

DV傾向にある元夫のストーカーへの対策は

一刻も早く警察へ駆け込む事をおすすめします。

 

 

元夫のストーカーは元妻へ報復しても良いと考えている!


参照元:https://www.photo-ac.com

実際に元夫にストークされ、

何かしらの暴力を受けたケースも増えています。

 

その暴力が余りにも過剰すぎると

「傷害」果ては「殺人」にもなりかねません。

 

なぜ、元夫のストーカーはそのような暴力行為に走るのでしょうか?

 

自分の考えにそぐわず、自分の考えと相反する人に対し報復する、

または報復する権利が自分に存在する。」という

元夫の心理や考えが根底に横たわっているケースがあります。

 

また、その心理状態や考えは

離婚後に更に増幅される可能性も否定できません。

 

自分の考えにそぐわず自分の考えと相反する人

家族であろうが親戚であろうが関係ありません。

 

ある意味昭和の考え方、しかも戦前の習慣でもあった考え方、

「長男教」に近い考え方でもあるでしょう。

 

※長男教とは、

長男が一番偉いという家督の優遇制度を揶揄したコトバです。

 

またそれまでの元夫の家庭環境の影響、つまり

かなりDVな父親、しかも

日常的に父親から母親に理不尽なDV状態だった光景を

震えながら見ているしかなかった家庭環境のケースも考えられます。

 

それこそ重篤な犯罪に対する正当防衛でもないかぎり、どのような理由であれ

DVしていい理由なんて、仮に家庭内の問題であっても有り得ません。

 

実際にDVを受ける事で、

上記のような元夫の「過去」が発覚するケースもあります。

 

このような元夫のストーカー心理への対策ですが、

可能な限り証拠を収集(そのような余裕もないかもしれませんが)したうえで

警察へ被害届を出す事をおすすめします。

 

 

元夫のストーカーは常に元妻を束縛したがっていた!


参照元:https://www.photo-ac.com

恋愛期間や結婚後の婚姻期間、特に新婚時など

かなりの頻度で元夫と連絡していた女性も多いのではないでしょうか?

  • 彼女(妻)を完全支配したい。
  • 彼氏(夫)からの束縛は愛されている証

恋愛期間からの「束縛と支配」が、

結婚後も暗黙の了解で続いていたケースも多いと考えます。

 

特に昨今のスマホ普及によるコミュニケーション伝達環境の変化で、

気軽に「束縛と支配」がしやすくなったともいえます。

 

GPSアプリで現在の所在地確認やLINEでの既読確認、

定期的なメールや電話連絡など、

しかもあらゆる連絡方法がある中で

極論ですが24時間「束縛と支配」状態でも可能なのがスマホなのです。

 

お互いを尊重しない歪んだ恋愛(夫婦)関係は

強固な関係であるはずがなく、総じて少々のトラブルでも綻びが生じます。

 

元夫の管理外のタイミングで管理外のトラブルや

例えば仕事関係で同行していたとはいえ

それが元妻が元夫以外の男性と会っていたケースだけでも、

以下のように暴言を吐き、元夫の思い通りになるまでストーカー行為を続けるのです。

  • 「なぜ会っていた?」
  • 「仕事関係はあくまでも理由で、俺に黙って付き合っているのか?」
  • 「社内恋愛にゆるい会社なんて辞めてしまえ」

これが離婚後だったとしても、です。

 

このような元夫のストーか心理や考えへの対策ですが、

まずはメールアドレス(スマホ、PC共に)の変更、

電話番号(携帯番号)の変更が有効です。

 

メールの受信拒否、電話の着信拒否設定するのも良いでしょう。

 

あえてメールアドレスを残したまま、

「迷惑メール」設定にする方法もあります。

 

※メールの受信拒否、電話の着信拒否設定に関しては

元夫が逆切れする可能性がある為

弁護士レベルでも意見が分かれる方法です。

 

様々なケースが考えられるので、第3者への相談をおすすめします。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

元夫のストーカーの対策や撃退方法は?

直接的な撃退方法というよりは

証拠収集や万が一の事態に備えての対策が現実的と考えます。

 

その理由を元に、以下のアイテムをおすすめします。

 

元夫のストーカーには日記記載等の証拠収集が必須!

おそらく「離婚」の際も、有効な証拠収集の手段として

日記を付けて証拠にした女性も多いのではないでしょうか?

 

元夫のストーカー被害の証拠としても有効なのは言うに及ばずです。

 

受けた被害を日記に記載するのは辛いでしょうし

何回も繰り返されるとトラウマモノかもしれませんが、

詳細であれば詳細である程証拠の信ぴょう性も

高くなるのはストーカー被害も同じです

 

もちろん、他の証拠(ICレコーダなどでの音声録音、

ビデオカメラ等での動画撮影、静止画での決定的な瞬間、

実際に暴力被害を受けたのなら診断書等)とセットなら

証拠の精度としては完璧に近いでしょう。

 

写真画像の「日記」は「0年日記

 

文字通り「10年間、日記を付ける事が可能」なアイテムです。

 

理想だけでいうと、元夫がストーカーになる経緯も解る可能性があるので

婚姻期間から日記を付けていれば完璧でしょう。

 

日記を付ける癖が元からある女性には特におすすめであり、

現在進行形でストーカー被害に遭っている女性は

今この瞬間から日記を付ける事をおすすめします。

 

辛いなら1行日記でもいいのです。

 

あなたの精神安定の為でもおすすめします。

 

 

元夫のストーカーには地図などで避難場所などを確認!

元夫のストーカーに

現在の居住区が知られていないことが前提です。

 

ここでいう避難場所、というのは

元夫のストーカーに限らず

外出時に暴漢に狙われた時に逃げ込める場所を意味します。

 

いつもの通り道や最寄の駅からの徒歩圏内に

以下の施設等がどの位置にあるのかを

常に把握しておけば、万が一の時に逃げ込める事も可能です。

  • コンビニ
  • 大型スーパー
  • 24時間営業の店舗(居酒屋など)
  • 深夜まで営業している店舗(一部のファミレスやファーストフードなど)
  • 警察や交番

 

上記の地図は、東京23区の「便利情報地図」。

 

日々の生活に欠かせない「情報」を

重きに置いた「生活地図」です。

 

上記画像の地図「街の達人(東京23区版)」は

「避難場所」はもちろん、「街の達人」のタイトルの如く

お出かけ施設やスポットも網羅しており、

しかも「でっか文字」なので見やすさも配慮されています。

 

※便宜上上記画像は「東京23区」の「街の達人」ですが、

現在53種リリースされています。

 

さらに「ケータイMAPPLE」サイトとの連携もあり、

QRコードにかざす事でサイト上で

各ポイントの詳細情報を知ることも可能ですよ。

 

上記の地図アイテムでも避難場所の確認は可能ですが、

このアイテムとは別に、スマホでも地図アプリ等で

居住区の詳細情報の確認をする事をおすすめします。

 

居住年数にもよりますが、居住区周辺は

灯台下暗し状態で周辺情報は意外に知らないモノ。

 

居住区を知ることも、結果的に

ストーカー対策に繋がるのでは?と考えます。

 

 

元夫のストーカーは探偵事務所に相談!

別れた夫の場合、

一時期でも一緒に暮らしたという事実がある為に

「離婚」の本当の意味を理解せずに

離婚するケースも充分あり得るでしょう

 

「離婚」とは、婚姻関係を解消し「他人に戻る」

つまり、それまで繋がっていた

夫関連の「縁」をリセットする、白紙にするという意味です。

 

しかし、ある意味日本人的な考えでもある

「離婚後でも「縁」は存在する」という謎理論を元に

ストーカー行為を繰り返す元夫ストーカーも多いのではないでしょうか?

 

そのような謎理論をかざし話も通じない

元夫ストーカー対策には、

探偵事務所への相談をおすすめします。

 

数ある中でも、特に「原一探偵事務所」がおすすめ。

 

まさに不倫浮気調査の印象が強く、

また法律サポート体制が充実している「原一探偵事務所」。

 

「離婚後でも「縁」は存在する」という謎理論をかざす

元夫ストーカーへの対策等にも積極的に

サポートしているのをご存じでしょうか?

 

最近のストーカーの傾向に沿うかのように

積極的に依頼者に提案し展開しています。

 

百戦錬磨のスタッフや警察OBも数多く在籍しており、

一筋縄ではいかない元夫のストーカー行為が完全に収束するまで

事務所挙げて全力でフォローします。

 

調査料金も一見高額にも感じるかもしれませんが、

仮に調査の流れで追加調査が発生したとしても

お見積りで算出し契約した料金以上の料金の追加請求はしません。

 

元夫のストーカーへの対策を敷くにしても

体質的な拒否反応やトラウマレベルの不安や恐怖が

先行し萎縮してしまう事も多々あるでしょう。

 

なかなか手が打てなくて進まない状態なら、

まずは「原一探偵事務所へ相談することをおすすめします。

 

以下の画像リンクから原一探偵事務所へ

アクセスすることができますよ。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

男性のストーカーの心理や考え!被害女性がする対策、撃退方法とは?

元カレ(彼氏)のストーカーの対策方法や撃退方法!被害を無くすには?

ストーカーの対策グッズでおすすめや人気なのは?防犯には必須!

ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

ストーカーからラインがくる時の対処法!ブロックや既読無視はいい?

ストーカーの対策や撃退してくれるおすすめの探偵事務所は?

 

いかがでしたでしょうか?

 

一緒に暮らしていた時期がある分、

心理的な面や考え方など様々な面において、

根深い問題を抱えている元夫によるストーカー行為。

 

時間が過ぎれば過ぎるほど

問題が複雑化するのも目に見えています。

 

また、被害を蒙っている元妻でもあるあなたへの

精神的心理的苦痛(肉体的苦痛も有り得る)も計り知れません。

 

手に負えないと感じたら

取り返しがつかなくなる前に

探偵事務所や法律事務所、警察等への然るべき場所への相談を。

 

ストーカー対策は待った無しです。