ストーカーで最も特徴的な行為でもある

つきまとい」や「待ち伏せ」。

 

その時々に気付いていないだけで、

「つきまとい」や「待ち伏せ」などの行為は

多くの人が1度や2度はした事があるのではないでしょうか?

  • 友達と一緒に下校したい為に「待ち伏せ」する。
  • 特定の友達と一緒にいるのが楽しいから「つきまとい」する。
  • 異性にプレゼントしたい(バレンタインなど)から「待ち伏せ」する。

 

ただ、その時の行為が「ストーカー」とはいえない理由は

学生時代に誰もが経験する「学生時代特有」の感情による

数回行っただけの「一時的な行為」だからです。

 

振り返ってみると、

切ない気持ちと一緒にその頃の可愛い

つきまとい」や「待ち伏せ」は記憶に残っていますよね。

 

しかし、子供であっても「つきまとい」や「待ち伏せ」行為を

何回も繰り返すのであれば、

残念なことにその行為は「ストーカー」に該当します

 

学生時代特有の感情は一過性のものであるのが大半ですが、

「ストーカー行為」が入ると、全く別の原因や理由があると考えられます

 

なので、子供がストーカーする時の対策や

その子供の性別によって

対策に違いがあるのかどうかなどをまとめてみました。

 

 

ストーカー被害にお悩みの方は、

探偵事務所に頼ることをおすすめします。

 

数ある中でも「原一探偵事務所」が特におすすめ!

 

24時間365日無料で相談に乗ってくれます。

 

確かな実績のある探偵事務所なので、

一度相談だけでもしてみてはいかがですか?

 

以下の画像リンクから原一探偵事務所へ

直接アクセスすることができますよ。

 

 

男の子がストーカーをしている時の対策は?

同年代の特定の友達への

つきまとい」行為は男の子にもみられる傾向です。

 

幼稚園児や小学校1,2年の男の子なら

同じ年の友達だけではなく、

母親と同世代の女性に「つきまとう」ケースもあるでしょう。

 

同じ年代の友達に対しては

子供の世代にもよりますが、

「自分だけのモノ」でいてほしいと思っている傾向があります。

 

「他の人に迷惑をかけている」という感覚はおそらくありません。

 

様々な問題を含んでいる男の子のストーカーですが

まずは、ストーカーが男の子の場合の対策をまとめてみました。

 

男の子のストーカーには「完全拒否」!

参照元:https://www.photo-ac.com/

人によっては、この対策が有効ならば

とっくに成功しているはずと怒るかもしれません。

 

ズバリ、男の子のストーカーにつきまといを辞めてほしい

はっきり「完全拒否」を伝えるといった対策法です。

 

というのも、

完全拒否されていない=付きまとっていい」と

都合のいい解釈をする可能性もあるので、

1度「完全拒否」する必要があるのです。

 

子供のストーカーなので、多くの場合は1度拒否されると

完全拒否!=付きまとってはダメ」の思考となるので、

多くの場合はおとなしくなるでしょう。

 

まずは、はっきりと「完全拒否」の旨を

付きまといされている側の人間から、

男の子のストーカーに伝える事をおすすめします。

 

男の子のストーカーが

付きまといしているのが「大人」の場合は、

その大人から男の子のストーカーへ「完全拒否」を伝えましょう。

 

その際は、言葉を選ばなければいけないのは言うまでもありません。

 

※いずれもICレコーダー持参必須、

一部始終を録音することも忘れずに。

 

逆に「完全拒否」されても

なおも付きまとう行為があるようなら、

それなりの理由があると解釈しても問題ないでしょう。

 

その場合は対策方法も変わってきます。

 

次項からの男の子のストーカーへの

対策を行う事をおすすめします。

 

 

男の子のストーカーには質問してみる!

参照元:https://www.photolibrary.jp/

これは、ある意味男の子のストーカーだから

対処可能な対策なのかもしれません。

 

女の子のストーカーだと、

女の子のストーカーが感情的になり

事がなかなか進まなくなる可能性があるからです。

 

男の子のストーカーに付きまとわれている現場で、

なぜ付きまとうのか?」と問いただす方法です。

 

以下は被害者の子供の親から、男の子のストーカーへ問いただす例です。

  • 「なぜ、うちの○○(友達の名前)の後を付いてくるのかな?」
  • 「うちの○○(友達の名前)が嫌がっているのになぜまた付いてくるのかな?」
  • 「何回も同じことをするから、ついていきたい強い気持ちがあるよね?何故なのかな?」

コトバで書けば矢継ぎ早にも見えますが、

ゆっくりと諭すように

なるべく優しいコトバで問いただすのがポイント。

 

もちろん男の子のストーカーの年齢によっても、

言葉を変える必要はありますよ。

 

またこの対策は、

中高校生でのストーカー行為に対しても有効です。

 

被害者が男の子のストーカーへ問いただすのです。

 

親世代を挟まない同世代間においての

問いただしなので、ある意味容赦ないでしょう。

 

なぜ繰り返しストーカー行為をするのか?」と

はっきりとした理由を聞くまで質問攻めにする。

 

使い言葉にもよりますが、

意外に平和的なストーカー対策なのでおすすめです。

 

※くどいですが、ICレコーダー持参も同様におすすめします。

 

 

男の子のストーカーには幼稚園・保育園~学校へ相談!

参照元:https://www.photo-ac.com/

幼稚園・保育園や学校への相談レベルという事は、

「つきまとい」は元より

更なるストーカー被害が進んでいる事を意味しています。

 

また、再三の話し合いを持っても

全く効果が無い事も意味しています。

 

実際に生活が脅かされる危険や

精神的な安定が保てない可能性、

危害が加えられる可能性や器物破損の可能性など

取り返しのつかないストーカー被害が発生する可能性があるなら

ICレコーダー持参しつつ

まずは、幼稚園・保育園や学校への相談をおすすめします

 

危害が加えられる可能性、器物破損の可能性まで含むと

中高校生のストーカー事案でも考えれる行為でもあります。

 

中高校生の場合は、

自分たちで解決しようとする傾向や

ストーカーされてもカミングアウトしない傾向はあります。

 

また、最初は子供の友達のひとりだった

あまりにも躾がなっていない、

わがまま放題の自分の子供と同じ年の男の子。

 

その男の子に付きまとわれるという

ストーカー事例にあったことありませんか?

 

あまりにもわがままなので、

その男の子にきつく注意」したら

結果その男の子に付きまとわれることに

 

レアケースかもしれませんが、男の子のストーカーが

1度も親に叱られた、怒られたことが無い放置子」だった場合、

その男の子のストーカーの

親世代に近い友達の親に「きつく注意」されたことによって、

  • もっと構ってほしい
  • もっと叱られたい

と思うようになり、友達の親に付きまとうケースもあります。

 

最も、このケースに対する対策は

幼稚園・保育園や学校への相談レベルの範疇を超えているので

児童相談所か、心理カウンセラーへの相談への誘導をおすすめします。

 

 

男の子のストーカーには発達障害の可能性が!

参照元:https://www.photo-ac.com/

意外に多いのが、その男の子のストーカーが

発達障害」の可能性がある場合です。

 

様々な意見があるのは勿論ですが、

「発達障害」の男の子が

特定の子供に付きまとう行為をするのは、

子供のだけのコミュニティの中で

特定の子供に「安定」を見出しているからともいわれています。

 

つまり「特定の子供と一緒に居たら安心する」状態なのです。

 

時々、男の子のストーカーもそのように

口にする事もあるのではないでしょうか?

 

「発達障害」の可能性がある場合、

自分の気持ち優先で行動してしまいがちです。

 

また、全く悪気がないどころか

それこそストーカーするつもりも全くないのに、

周囲からストーカー認定されてしまう事もあるでしょう。

 

ストーカーされる側からの対処策といえば、

友達として付き合うにしても

「物理的な距離感」と「精神的な距離感」がある事を

コトバではなく、実際に行動を持って教えていくしか無い事を

男の子のストーカーの親に伝えるしかないのではないでしょう。

 

ただ、残念なことに「発達障害」の疑いがある子供の親も

「発達障害」の可能性があります。

 

そのような場合は、男の子のストーカーの親や

学校(年齢によっては保育所・幼稚園)、

児童相談所等を巻き込んだ話し合いしかありません。

 

いずれにせよ特効薬的な対策はなく、

1秒でも早く対処するのがストーカー対策の基本とはいえ

何らかの「障害」が子供へのストーカーの原因に絡むようであれば

時間がかかることも視野に入れることも考えなければなりません。

 

 

ストーカーとは時に思いもよらない行動をとるもの。

 

手遅れになる前に探偵事務所

力を借りることをおすすめします。

 

数ある中でも特におすすめなのが「原一探偵事務所」!

 

信頼できる探偵事務所なので、

一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん相談は無料で行ってくれますよ。

 

以下の画像リンクから「原一探偵事務所」へ

直接アクセスすることができます。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

女の子がストーカーをしている時の対策は?

女の子の場合、特定の友達と仲良くしたい、

気に入られたいという気持ちがより強いために

  • 「あの子とバックのお揃いがしたい」
  • 「いつも髪につけているリボンあの子のリボンが欲しい」
  • 「給食はあの子と一緒に食べたい」

などと、解釈によってはすでにストーカーとされても

不思議ではない行動が目立つ場合があります。

 

様々な問題を含んでいる子供のストーカーですが

ストーカーが女の子の場合の対策をまとめました。

 

女の子のストーカーには相手にしない!

参照元:https://www.photo-ac.com/

最も女の子のストーカーを友達と思っているなら

女の子のストーカーを避けたり嫌ったりしないはずで、

むしろ積極的に遊んだり絡もうとしたりするでしょう。

 

しかし、何がきっかけで避けたり

嫌ったりするかは解らないものです。

 

幼稚園や保育所、小学校低学年の場合

女の子のストーカーを嫌っているのにも関わらず

過度に繰り返されるストーカー行為への対策は

ズバリ「相手にしない」こと。

 

幼稚園や保育所、小学校低学年であれば以下の様な行動を持って

女の子のストーカーから避ける、一時的に距離を取ること事をおすすめします。

  • 女の子のストーカーと一緒に勉強したり、遊ばない
  • 女の子のストーカーと一緒に下校しない
  • 女の子のストーカー以外の友達を遊ぶ時間を増やす

 

また、「つきまといを辞めてほしいというはっきりした意志

ストーカー被害を負っている友達にあるにであれば、

女の子のストーカーにその意志を直接伝える事を周りの大人が諭しましょう。

 

「相手にしない事」と書けば少々過激に聞こえなくもないですが、

曖昧な反応は逆に女の子のストーカーに

「期待」を持たせてしまうことになりかねません。

 

女の子のストーカーに、

直接ストーカーされている側の人間から

何らかの意思を伝える事が大切です。

 

中高校生の世代になると、

女の子のストーカーとそのストーカー被害者同士の

意味合い的には上記の同じような話し合いがベースになると考えます。

 

ただ、中高校生の世代の女の子で注意しなければいけないのは、

話の持って行き方によっては

「いじめ」に繋がってしまう可能性もあるという事。

 

ストーカー行為が悪質だったり、

すでに「いじめ」に移行している場合は話が全く違ってきます。

 

その場合は、親や学校の先生に相談する流れになるでしょう。

 

※「いじめ」に関しては、

当該記事と趣旨が外れてしまうので

今回は省略させていただきます。

 

 

女の子のストーカーにはその女の子の親と話し合う!

参照元:https://www.photo-ac.com/main/

女の子のストーカーに付きまとわれた時に

上記のような「相手にしない態度を取っても、

効果が無い場合ははっきり迷惑だから辞めてほしい

女の子のストーカーに伝えても良いでしょう。

  • 「何故付きまといが迷惑なのか」
  • 「何故付きまといを辞めてほしいか」

上記の意志とその「理由」を添えて伝える事をおすすめします。

 

※しつこいようですがICレコーダー持参は必須です。

 

それまで付きまとっていた友達から、

はっきりとした拒絶をされたことが無いから

都合のいい解釈で付きまとっている可能性もあるでしょう。

 

なので、付きまとっている友達から

ハッキリと拒絶される急におとなしくなるはずです。

 

一方で「拒絶したから終わり」ではなく、

ストーカーのターゲティングが変わる可能性もありえます。

 

また、「ストーカー行為」から「いじめ」へと

変化してしまう可能性も含んでいます。

 

※「いじめ」への変化そのものも、

ストーカー行為という考え方(いわゆる逆ギレ)もあります。

 

それらの場合、判断が分かれる事ではありますが

ストーカー根絶の観点でいうなら

しばらくは女の子のストーカーの動向を把握する必要があるでしょう。

 

 

女の子のストーカーには児童相談所やNPOに相談を!

参照元:https://www.photo-ac.com/

「付きまとい」以外のストーカー行為で

実際にケガを負わせたり意地悪などして泣かせたり、

他の友達の持ち物や学校などの破壊行為があった場合は

そのストーカー行為はすでに親側の手には負えない事を意味しています。

 

子供が絡むストーカー問題なので

相談先として児童相談所もアリですが、

ストーカー対策を扱っているNPOをおすすめします。

 

ちなみにストーカー対策関連の相談は無料でできますよ。

 

ストーカー関連のNPOは

ストーカー被害者の精神面のメンタルケアに強い印象あります。

 

女の子のストーカーによってケガを負ったり、

大事なものが壊された際の被害者側のメンタルケアに最適です。

 

ストーカー被害状況に合わせ、

NPOはあくまでストーカー対策のあらゆる方法を提示し、

ストーカー被害者の精神面のメンタルケアも含めたフォローを行います。

 

また探偵事務所や弁護士等の紹介や

警察とのやりとりをするNPOもあるようですが

NPOへのストーカー相談だけでは

ストーカー被害が収束することはあり得ません。

 

児童相談所は「最終手段」と考えても良いでしょう。

 

 

女の子のストーカーには「依存症」の可能性が!

参照元:https://www.pakutaso.com/

可能性として考えられるのは

その女の子のストーカーが「依存症だった場合です。

 

その「依存症」が「ソシオパスの可能性があります。

 

ソシオパスとは、

社会ルールよりも自分の気持ちや感情、

欲望を優先させる思考」を意味します。

 

妄想、服従、支配、一方的な自己価値の評価などといった

自己満足な美化イメージに依存相手を

一方的に落とし込む傾向があるのが特徴的

 

ソシオパスになる傾向がある女の子のストーカーは、

家庭環境にも特徴があり特に父親と「友達感覚な関係」の上で

育ってきた可能性があります。

 

友達感覚な関係」とは「距離感が無い」、

別の言い方だと「過保護」とも解釈もできる関係であり

親と子供の関係からズレた関係とも言えます。

 

そして、父親と「友達感覚な関係」で育った

女の子のストーカーは総じて「依存症」の傾向に。

 

女の子のストーカーの「依存症を満たすために、

自己満足な美化イメージを作るソシオパス」となるのです。

 

対策としては、女の子のストーカーがまだ幼稚園児なら

家族や専門医などのフォローで去勢の可能性があるでしょう。

 

女の子のストーカーが中高校生なら、

根がかなり根深いのでカウンセリングを受ける事をおすすめします

 

 

この記事を読まれた方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ストーカーの被害に合った時の対策や撃退方法、グッズのご紹介!

友達のストーカーの対策方法や撃退方法!被害を無くすには?

ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

ストーカーからラインがくる時の対処法!ブロックや既読無視はいい?

つきまとい行為をストーカーにされない対策や撃退方法とは?

ストーカーの対策や撃退してくれるおすすめの探偵事務所は?

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は子供のストーカー対策についての記事でした。

 

子供とはいえ、これが高校生のストーカーの場合だと

いわゆる一般的なストーカー認識と被る面があります。

 

学生時代特有の感情とストーカー心理が合わさり、

思春期特有の精神や感情の不安定さもあって

ストーカー行為に拍車がかかるケースも考えられます。

 

1999年8月に実際に発生した

西尾市女子高生ストーカー殺人事件」は

無職の17歳の少年(ストーカー)が

16歳の女子高校生を刺殺した事件でした。

 

事件の詳細は省略させていただきますが、

この事件における無職の17歳の少年(ストーカー)の行為は

一般的な「ストーカー行為」とさほど変わらなかったと言われています。

 

 

明らかに、特定の友達や大人に対して

子供による「度の過ぎたストーカー行為」が発覚した場合は

1日も早く探偵事務所に相談することをおすすめします。

 

数ある探偵事務所の中でも、

法律サポート体制が充実している

原一探偵事務所」が特におすすめ!

 

子供のストーカー対策はもちろん、

子供の「いじめ」対策にも積極的に

サポートしているのをご存じでしょうか?

 

最近の犯罪の傾向に沿うかのように

積極的に依頼者に提案し展開しています。

 

百戦錬磨のスタッフ警察OB数多く在籍しており、

子供相手とはいえ一筋縄ではいかない

ストーカー被害が完全に収束するまで

事務所挙げて全力でフォローします。

 

調査料金は一見高額にも感じるかもしれませんが、

仮に調査の流れで追加調査が発生したとしても

見積りで算出し契約した料金以上の料金の追加請求はしません

 

子供の年齢、世代にもよりますが

子供だからこそ柔軟に対応しなければいけない子供のストーカー対策。

 

積極的に、第3者の助けを借りるが、

まずは「原一探偵事務所などの探偵事務所に

相談することを強くおすすめします。

 

ストーカー対策に「待った」はありません。

 

上記で紹介した「原一探偵時事務所」へは

以下の画像リンクからアクセスすることができるので、

是非一度のぞいてみてくださいね。