自宅にいる時、人から見られている視線を感じたこともしくは、

自分の行動が他人に筒抜けになったことははありませんか?

 

もしかしたらそれは隠しカメラによる盗撮の可能性があります。

 

「盗撮なんてありえないよ」と言う方もいるかとは思いますが、

今や技術は進歩し、誰でも隠しカメラを購入できる時代になり、

相手のいろいろな情報を盗み見ることができる時代となりました。

 

そのような卑劣な者から身を守るためにも、

知識を深めなければなりません。

 

そこで今回は、隠しカメラとその見つけ方に関してお話します。

 

設置されやすい隠しカメラとは?

皆さんは隠しカメラと言って、

どのようなものを考えますでしょうか?

 

「眼鏡型隠しカメラ」や「ペン内臓隠しカメラ」、

「鞄一体型の隠しカメラ」等

を想像したのではないでしょうか。

 

確かにこれらのものも使われてはおりますが、

その他にも様々な隠しカメラが登場しているのです。

 

その中でも、特に設置されやすい隠しカメラ、

つまりは人気の隠しカメラを確認し、

1つ見つけ方の参考にしましょう。

 

火災報知器型の隠しカメラ

火災報知機はどの住宅にも常設されておりますよね。

 

特にデザインなど急に変わっても、

普段確認しないため気づきません

 

しかも天井から撮るため広範囲を撮ることができ非常に人気の隠しカメラなのです。

 

 

ライター型のカメラ

おタバコを吸われる方は要注意の隠しカメラです。

 

このカメラは名前の通り、ライターの形をしておりますが、

普段おタバコを吸わられる方はいろいろな場所でライターを

貰うことがあるでしょう。

 

そのたくさんあるライターの中に、

隠しカメラを潜り込ませても

大抵の方は気にも留めない可能性が高いのです。

 

 

置時計型のカメラ

自分の部屋に、

人からもらったりプレゼントされた置時計ありませんか?

 

もしかしたらそれは、

置時計型の隠しカメラの可能性がありますよ。

 

置時計は普段、

自分の生活空間に置く可能性が高い時計です。

 

特に、寝室など朝起きるために使う人がほとんどでしょう。

 

そのような姿を実は盗撮されていたなんてことも考えられます。

 

もし気になる時計があるようでしたら、すぐに確認しましょう。

 

 

 

隠しカメラが設置されやすい場所って?

普段生活している中で、

あそこに隠しカメラが設置されやすいかも、

とかあそこに設置されているかも等、

考えながら生活をしないはずです。

 

ですので、

素人が隠しカメラを見つけようとするのは難しいものです。

 

そこでここでは、

素人でもわかるカメラが設置されやすい場所について

お話をします。

 

隠しカメラは天井に注意!

皆さんはマジマジと毎日天井を観察しますでしょうか?

 

ほとんどの方は観察どころか、

汚れやシミなどの存在自体しらずに

生活をしているのがほとんどです。

 

しかしここは、隠しカメラを設置するうえで、

「広く撮影ができる」、「見られにくい」

そして「安定している」と、うってつけのポイントだったのです。

 

隠しカメラは空の段ボールに注意!

皆さんの部屋には段ボールもしくは空き箱とかありますか?

 

もしあるようでしたらその箱はどれくらい開けてませんか?

 

もしこの問いに、

すぐに答えられないようならすぐに確認してみてください。

 

意外にも普段の生活の中では開けなくて、

もしかしたらずっと開けないまま

過ごしていることも多いのです。

 

ですので、隠しカメラを設置するには打ってつけなのと、

段ボール等は非常に

加工しやすくいくらでもカモフラージュが可能なので注意しましょう。

 

 

隠しカメラは電化製品や家具にも注意!

隠しカメラはありとあらゆるところに隠すことができ、

今やそれは電化製品の中であったり、

家具の中にも溶け込ませることが可能なのです。

 

電化製品の場合、

隠しカメラの設置と同時に電源の確保も可能なので、

わざわざバッテリーを交換する必要もないのが設置されやすい理由です。

 

そして、家具に関しては、

時計であったり電球さらには、

フックといったあごくありふれたものにまで及んでおり、

ありとあらゆるものが監視カメラに見えてしまうほど、

バリエーションが増えてきているのです。

 

 

 

隠しカメラの見つけ方とは?

今や普段の生活にまで隠しカメラの脅威は延びており、

これを自力で発見する見つけ方はあるのでしょうか。

 

もちろんあります。

 

下記にその見つけ方を記載しますので、

隠しカメラ対策に見つけ方を確認しましょう。

 

隠しカメラは盗撮カメラ発見機で見つける

隠しカメラは電波式かそうでないかに分かれます。

 

そのいずれかでも発見ができる見つけ方が、

盗撮カメラ発見機です

 

見つけ方としては、

この発見機が電波を受信することで場所を特定するのです。

 

そして電波を発しないタイプの隠しカメラでも、

赤外線レーザー探知機能で、

隠しカメラを発見することができるのです。

 

 

隠しカメラは電源周りに多い

この見つけ方は、

基本的には自分の目で見て発見することとなります。

 

上記でも記載した通り、

隠しカメラには電源を有する物があり、

隠しカメラの設置には、

そのようなものを置ける電源回りが好まれます。

 

何故かというと、リスクを減らせるからです。

 

毎回電池を交換するようなら、

その交換することで発見されるリスクが

発生しますが、電源型ならその必要がありません

 

簡単な見つけ方としては、

そのような電源周りに見知らぬ機械や貰い物

の電化製品等を確認することが見つけ方になります。

 

見つける側がプロならよいのですが、

素人ですとあまりおすすめしない見つけ方と言えます。

 

 

隠しカメラは探偵事務所に依頼して見つけましょう!

上述の通り、見つけ方には探知機を使うか、

自力で探すかの見つけ方しかありませんが、

正直素人にはどちらの見つけ方もおすすめできません。

 

自力で探すのは当然ながら、

探知器についてはたとえ隠しカメラを発見できたとしても、

その犯人を捕まえられるわけではありません。

 

そうなってくると、

やはり専門の業者つまりは探偵事務所に頼むのが一番です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今や隠しカメラの技術は昔とは比べ物にならないほどに進歩をしております。

 

普段の生活を脅かされないためにも、

盗撮の心配があるようならすぐにその道のプロに相談しましょう。

 

素人が一人で解決しようとしても、

相手はすでに盗撮という犯罪に手を染めてます。

 

何をしでかすわかりません。

 

そのためにも一番安全で最短で解決するためにも、

探偵事務所に相談をしましょう。

 

その中でも、最大手の探偵事務所である

「原一探偵事務所」が一番です。

 

相談は無料となっておりすぐ下の画像から、

アクセスすることができますので、

まずは行動することから始めていきましょう。↓↓