場合によっては、

交際相手や夫婦間においても

定期的に送られるメールが「ウザい」と思う人も

結構多いのではないでしょうか?

 

それでも交際相手が好きだから、

伴侶を愛しているからといった理由で

大量のメールが送られてきても「可愛いな」で済ますでしょう。

 

別れたり離婚したりして

交際相手や伴侶が「他人」になった場合、

それまでの大量のメールがいきなり「負担」になります。

 

増してや交際相手や伴侶が「他人」になった後に

ストーカーと化したなら?

 

大量メールに対する「負担」から「恐怖」へ変わり、

気持ち悪いから、無視したくなるのも充分に理解できます。

 

しかし、ここで少し考えてみてください。

 

ストーカーメールの無視は対策や対処法として有効なのか

本当に無視して大丈夫なのか

対処法は他にないのかかどうか?気になりませんか?

 

なのでストーカーからの

メール対処法や対策等をまとてみました。

 

 

ストーカーからの被害でお悩みの方は、

原一探偵事務所」に相談することをおすすめします。

 

探偵事務所といっても種類がありすぎて、

どこに依頼したらいいのか分からないと言う方も多いはず。

 

そんなたくさんある探偵事務所の中でも

原一探偵事務所」は群を抜いて実績のある

探偵事務所なので必ずあなたの力になってくれますよ。

 

相談は24時間365日無料で行ってくれるので、

ストーカー被害でお悩みの方は

一度相談だけでもしてみてくださいね。

 

以下の画像リンクから「原一探偵事務所」へ

直接アクセスすることができますよ。

 

 

ストーカーからメールがあった時に絶対にやってはいけない事とは?

同一アカウントから1日に何十回、何百回とメールがあれば

それだけで「迷惑メール」と判定する人も多いでしょう。

 

これが出会い系やネットショップなどのDMであれば

放置すればいいだけの話しなのですが、

ストーカーからのメールだと問題がいきなり変わります

 

対処法としてメールを受信拒否すれば

ストーカーからの大量のメールもすぐに止まるでしょう

 

メールの受信拒否そのものの設定も

スマホであってもPCであっても簡単にできます

 

しかしこれはサーバー側で遮断するだけの事であり、

本当の対処法の意味において

ストーカーからのメール問題は何一つ解決していません

 

人間誰でも一方的に拒否されたら、

「怒り」や「憤り」を少なからず感じるでしょう。

 

一方的な拒否行為はされた側に対して冷酷な印象を生じます

 

その感情はストーカーも同じであり、

ストーカーメールを一方的に受信拒否するのは

ストーカー行為を悪化させたり、

問題を複雑化させる原因にもなりかねません。

 

また、対処法として「メールの受信拒否」しても

ストーカー側が他のメールアドレスを使用されると、

全く意味がなくイタチごっこが展開されるだけです。

 

ストーカーからのメール対応や対処法として、

絶対やってはいけない事とは「メールの受信拒否」です。

 

どうしても受信拒否したいのであれば

1人では行わず周囲の助力を得ながら

慎重に事をすすめる必要があります。

 

上記の内容を主張する弁護士も多く、

如何にデリケートな問題なのかが伺えますよね。

 

ストーカーとの連絡手段は、

敢えて残しておくことをおすすめします。

 

 

 

メールでストーカーを黙らせるには

殆ど出会い系のDM状態で、

ストーカーから断続的に来るメールを

黙らせる方法や対処法はちゃんと存在します。

 

ストーカーの正体によっても黙らせる対処法は変わります

 

以下の方法は、会社の同僚や上司、友達、

近所の人などがストーカーだった場合の対処法です。

 

  • ひたすら無視を続ける

ここでいう無視は「受信拒否」ではなく、

メール受信はするけど

原則的にそのメールは読まない』ということを意味します。

 

ですが、「無視」を続けると

ストーカーの逆ギレをほのめかす

メールなどの重要サインを見逃す可能性もあるので、

「既読」をつける必要はあるでしょう。

 

 

  • メールアドレスを変える(フリーメール推奨)

メールアドレスを変える方法は

多くの人が、真っ先に行う対策や対処法ではないでしょうか?

 

確かにストーカーからのメールは確実に遮断できますが、

いきなり連絡路が絶たれたストーカーからすると

メールの「受信拒否」同様、

絶対にやってはいけない対処法でもあるのです。

 

おすすめなのはフリーメールアカウントを作り、

ストーカーとメール連絡のやり取りを行う方法です。

 

スマホを変えるまでの移行期間などとそれらしい理由を

ストーカーに伝えフリーメールへ誘導を促してみてはいかがでしょうか?

 

 

  • メールの返信頻度を徐々に減らす

メールを返信するタイミングなんて人によってバラバラであり、

メールが苦手な人に至っては1週間過ぎても返信しない人もザラにいます。

 

すぐに返せない状況も多々あるはずなので、

その理由を盾に頻繁にあったメールの頻度も

徐々に減らしてみてはいかがでしょう?

 

 

  • すぐに返信しない

上の項目では、1週間過ぎても

返信しない人はザラにいると書きましたが、

ここで言う「すぐに返信しない」の意味は

更に先延ばしして返信することを意味します。

 

つまり、ストーカーからメールが来ると

すぐには返信せず1週間以上間をあけて返信するのです。

 

返信を促すメールや逆ギレメールもあると想像できますが、

そのメールをもスルーするスキルも対処法として必要かもしれません。

 

 

  • 「ヒトとしても嫌いになる」と逆効果な事を伝える

コトバとしては

元交際相手や元伴侶に対してモノにも聞こえますが、

会社の同僚・上司や友達がストーカーだったとしても伝わるコトバです。

 

あまりに執拗なメールが続くのであれば、

1度「ヒトとして嫌いになりたくない」旨の内容の

メールする事をおすすめします。

 

ヒトとして嫌いになりたくない」と云われたら、

プライドが高い人は特に響くのではないでしょうか?

 

 

  • 「警察に相談する」と告げる

これは解釈によっては逆に「脅迫」にも捉えかねないですが、

執拗なメールを「ストーカー行為」と認識させるには

効果的な対処法とも言えます。

 

ストーカーから

あまりにも大量で執拗なメールが続くようであれば、

これ以上メールするなら警察への相談も視野に入れます。」と

最後通告の様なメールをストーカーに送るのもアリですよ。

 

元交際相手や元伴侶がストーカーだった場合は、

上記の方法に加えて以下の方法も行うとかなり効果的。

 

 

  • 新しい相手ができたことをほのめかす

ズバリ、「新しい交際相手」の存在や

交際に至らなくても「好きな相手が既にほかに居る」だけでも、

はっきりと伝える事をおすすめします。

 

伝えた瞬間、ストーカーはその「新しい交際相手」について

執拗に探りを入れてくると思いますが、もちろんそれはスルー。

 

あえてSNSのアカウントを残しているなら、

ブログなどに「新しい交際相手」の存在を

感じさせる記事をアップするのもアリですよ。

 

その際はコメント機能をOFFする事を忘れずに。

 

 

  • 「終わり」を告げる真摯なメールを送る

1度は好きで付き合った相手や愛して結婚した相手だからこそ、

結果的に別れる事になったにしてもけじめとしての挨拶は必要す。

 

その「けじめ」がされていない曖昧状態で別れたから

相手がストーカー化した可能性もあるというハナシもあります。

 

今まで付き合ってくれてありがとう。

あなたと出逢えて成長した気がする。」などのメッセージも添えて

改めて「さよなら」メールする事で「けじめ」を付けてみては?

 

このメールでを見れば、

ストーカーも関係はすでに終わったと理解する事でしょう。

 

 

上記のようなメールの対処法を試してみても

全く効果がない場合や、より事態が悪化してしまった場合、

自分一人で解決しようとするのではなく

探偵事務所に力を借りることをおすすめします。

 

数ある中でも特におすすめなのが「原一探偵事務所」!

 

24時間365日いつでも無料で相談にのってくれるので、

まずは相談だけでもしてみてはいかがですか?

 

以下の画像リンクから「原一探偵事務所」へ

直接アクセスすることができます。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

警察に相談する際は必ず証拠を持って行く事

警察に相談するにしても

一歩踏み込んで被害届を提出するにしても、

現在進行形でストーカー被害に遭っている」事を証明する

証拠の持参」は、おすすめではなく必須です。

 

相談と提出書類と証拠はセットと考えても良いでしょう。

 

なぜ証拠の持参が必須なのでしょう?

 

被害届に記載する「ストーカー被害」の

信ぴょう性が増すのはもちろん、

「身元不明のストーカー」による被害の場合、

そのストーカーの身元が判明する手がかりが

紛れている可能性もあるからです。

 

ストーカーのメール関連の証拠は

履歴はもちろんメール本文などが該当します。

 

スマホメールやPCメールなど、

メールの名がつくストーカー被害に関連する

証拠があればすべて提出しましょう。

 

 

 

メールのストーカー証拠収集はプロ集団が確実

浮気や不倫の関する証拠収集にしても

連絡手段の証拠は重要です。

 

特にストーカー被害が発覚した当初は、

自力で証拠収集を!と

可能な限り証拠収集する人も多いでしょう。

 

しかし、自力でのメールなどの連絡手段の

証拠収集は後になってダメージが来ることも。

 

体調を崩すまで追い込まれる程に深刻な場合は

迷わず第3者にいち早く相談する事をおすすめします。

 

ただ問題なのは、

顔が見えないストーカーからの大量メールの場合、

いわゆるネットストーカーの場合です。

 

ダメージの幅も半端ではなく、

少なくてもメールアドレスなどの個人情報が

何らかの形でネット上に漏れた可能性もあります。

 

この場合はさすがに自力では太刀打ちできません。

 

そこでおすすめしたいのは証拠収集のプロ集団

いわゆる探偵事務所や興信所への相談です。

 

数ある探偵事務所の中でも、

法律的なサポート体制が充実している

原一探偵事務所」を相談先としておすすめします。




↑上記の画像リンクから「原一探偵事務所」にアクセスすることができます。

最近の犯罪の傾向に沿うかのように

積極的に依頼者に提案し展開しています。

 

探偵事務所なので云わずもかな、証拠収集に長けています。

 

もちろんIT関連にも精通しており、

身元不明のネットストーカーでも問題なく突き止める事も可能です

 

百戦錬磨のスタッフや警察OBも数多く在籍しており、

一筋縄ではいかないストーカーによる被害が完全に収束するまで

事務所挙げて全力でフォローします。

 

調査料金は一見高額にも感じるかもしれません。

 

ですが、仮に調査の流れで追加調査が発生したとしても

お見積りで算出し契約した料金以上の料金の追加請求はしません

 

まずは24時間メール相談を受け付けている

原一探偵事務所」などの探偵事務所に相談をおすすめします。

 

 

 

まとめ:無視が良いのか悪いのかは意見が分かれます

ネット上にある数多の「修羅場系の体験談」においても、

  • 「別れた後、ストーカーと化した元交際相手からの大量メールがウザい」
  • 「離婚後の元夫からの復縁メールがしつこい」
  • 「交際相手の浮気相手からの挑発メールが病的に大量に来る」

上記のようなメールによる様々なストーカー行為が散見されます。

 

※創作率が高い「修羅場系の体験談」です。

 

しかし、火のないところに煙は立たずではないですが

似たようなストーカー行為が身近にあったからこそ

書けるシチュエーションともいえます

 

これに対して「メルアドを変えた」や「受信拒否した」など

対処をすると、総じて「元交際相手が実家に突入した」や

「元夫が仕事場に乱入した」などとストーカー被害が拡大する傾向があります。

 

繋がりが完全に途切れたから、

逆ギレしてストーカー被害が拡大するのです。

 

そのケースは、最もストーカー側が

「別れた」や「離婚した」ということの

当の意味を理解していないとも言えるのですが。

 

様々な理由で「別れた」や「離婚した」として、

感情や怒り、そして底知れぬ気持ち悪さに任せて

2度と連絡しない、したくないという思いで

受診拒否してしまいがちなストーカーとのメール。

 

気持ち的には受診拒否が精神の安定化が図れるのは確かです。

ですが、実はここが意見が分かれるところです。

  • まずは被害者の「精神の安定化」が先か?
  • 1秒でも早くストーカー被害の収束をすすめるのか?

 

理由は冒頭の

メールがあった時に絶対にやってはいけない事とは?」に

記載している内容そのままです。

 

本当の意味でのストーカー被害者の「精神の安定化」は

ストーカー被害の完全収束した時と考えますがいかがでしょうか?

 

そのストーカー対策や対処法も、被害の状況によっては

先にも申しましたように証拠収集においても手に負えない事も多々あります。

 

ストーカー被害者の完全な「精神の安定化」を図る意味でも

証拠収集のプロでもある原一探偵事務所などの

探偵事務所や興信所利用を絶賛おすすめします。

 

ストーカー対策に「待った」はありません。

 

文中で何度も紹介している「原一探偵事務所」へは

以下の画像リンクからも直接アクセスできます。