便利なモノは便利過ぎるあまり、

開発目的や使用目的とは違う

使い方をされてしまうモノも世の中に多く氾濫しています。

 

今やなくてはならない「スマートフォン」ですが

やはり斜め上視点で使う人もいるよう。

 

斜め上視点というより犯罪にまで手を染めている人も

残念ながらいるのが現実です。

 

スマートフォンやタブレット等の

機能としてすでに組まれているGPS機能

 

GPS機能とは、自分を含む対象者やスマートフォンが

現在どこにいるかがリアルタイムでマップ上で

確認できるといったシステムなのですが、

便利すぎてストーカー犯罪に使用されるケースも増えています。

 

過去にGPS機能を用いた

スマートフォンアプリ「カレログ」が

問題になった事もあり、

同様の携帯アプリの需要と比例して

ストーカーなどの犯罪に使用される率が

格段に高くなったことを暗に示しています。

 

あなたのスマートフォンにも「GPS追跡アプリ」が

付けられているかどうか気になりませんか?

 

すでにストーカーによって「GPS追跡アプリ」を

つけられて追跡されているかもしれません。

 

今回は「GPS追跡アプリ」や「GPS」の種類、

その探し方などをまとめてました。

 

特にストーカーによる

スマートフォンGPS使用の追跡に悩んでいる人、必見です。

 

※各スマートフォンアプリやGPG発信機、発見器等の詳細は、

それぞれの公式サイトや

各アプリストアでの確認をお願いいたします。

 

 

ストーカー被害でお悩みの方は、

被害がこれ以上深刻になる前に

探偵事務所に頼ることをおすすめします。

 

特におすすめなのが『原一探偵事務所』!

 

確かな調査実績のある探偵事務所なので、

信頼して依頼することができます。

 

無料で24時間365日相談対応してくれるので、

一度相談だけでもしてみてはいかがですか?

 

以下の画像リンクから『原一探偵事務所』へ

直接アクセスすることができます。

 

 

ストーカーにつけられやすいGPSの種類!

前述の「カレログ」も

様々な意味で様々な反応があり、

すぐに問題になり配信停止になりました。

 

しかし、その頃とは

比較にならないGPS追跡アプリが氾濫している昨今、

ストーカーに仕掛けられ追跡されやすい

GPS追跡アプリも百花繚乱状態です。

 

注意すべきGPSやGPSアプリをご紹介していきますね。

 

携帯GPS追跡アプリ:Cerberus(ケルベロス)反盗難


参照元:https://play.google.com/

キャリア:Android

  • 開発販売元:LSDroid
  • 料金:1デバイス…5ユーロ/年(1週間は無料)

説明:元々はAndroid専用の「スマートフォン盗難防止用」アプリ。

 

iPhone用の「Cerberus(ケルベロス)反盗難」は、

2017年10月現在は存在していません。

 

しかし、「スマートフォン盗難防止用のアプリ」にしては

かなり高スペック故に最恐のスパイアプリ」とも言われています。

 

以下は「Cerberus(ケルベロス)反盗難」で可能な機能の一部です。

  • 通話内容や履歴の取得
  • ショートメールの送受信履歴取得
  • 強制的に他の端末に通話可能の上にメール送信する
  • GPSを利用した位置情報の取得
  • カメラを起動し撮影開始
  • マイク経由で周囲の音をICレコーダーのように使用することも可能
  • 内蔵メモリやSDカード等のデータ削除が遠隔操作で可能

これでも一部というのですから恐ろしいですよね。。

 

機能の説明概要だけでもスペースを占有してしまうので

説明はここまでにしておきますが、

皮肉にも「ストーカーアプリ」とも云われる

「Cerberus(ケルベロス)反盗難」、

実は2014年4月に実際にこのアプリを使用した犯罪が発生しています。

 

何故、犯罪に使用できたのでしょうか?

推測ではありますが、以下の理由が考えられます。

  • 遠隔操作でこの機能を使っても、相手に気付かれない。
  • Androidのアプリ一覧からこのアプリのアイコンを非表示にする事が可能。

ストーカーアプリ」と揶揄される理由が此処にあるのです。

 

ちなみに以下は「Cerberus(ケルベロス)反盗難」を発見して

アンインストールする方法です。

  1. Androidの「設定」画面内の「アプリ一覧」をタッチする。
  2. インストールされているアプリが一覧で表示。
  3. 「Cerberus」が表示されるまでスクロール。
    ホーム画面にアイコンが無かったのに、一覧で表示されていた場合、
    何者かの手によってインストールされていた可能性があります。
  4. 「Cerberus」が表示されると、そのアイコンをタッチ。
  5. アプリ情報の画面にて「アンインストール」をすればOKです。

それでもアンインストールができない上に

誰にインストールされたか謎の場合は

Androidの初期化をする必要があります。

 

 

携帯GPS追跡アプリ:Prey Anti Thef


参照元:http://wccftech.com/

キャリア:iPhone、Android

  • 開発販売元:Prey, Inc.
  • 料金:無料

説明:本来の利用目的は

スマートフォン盗難防止の為に開発されたアプリ」であり、

スマートフォン、PC双方にインストールして使用します。

 

iPhone、Android両方に用意されているアプリ

というのも珍しいのではないでしょうか?

 

機能としてできる事は以下の4つです。

特に「ロックをかける」「アラームを鳴らす」は

PC側の遠隔操作での使用も可能です。

  1. スマートフォンにロックをかける
  2. スマートフォンのアラームを鳴らす
  3. GPSを使用し、現在地を表示、確認する
  4. スマートフォンの所持者にメール通知する

また、元々海外製のアプリなので

日本語翻訳:オン」で使用することをおすすめします。

 

料金が無料ゆえに、機能もシンプルですが

だからこそストーカーによって

インストールされる可能性が高いアプリとも言えます。

 

それこそ「スマートフォン盗難防止の為」といって、

ストーカーによってはインストールさせていた

ケースもあるのではないでしょうか?

 

 

携帯GPS追跡アプリ:mSpy


参照元:https://www.getjar.com/

  • キャリア:iPhone、Android
  • 開発販売元:Mspy
  • 料金:1ヵ月8.33ドル

説明:「mSpy」は「スマートフォン監視アプリ」であり、

スマートフォン所持者対象が

「家族」の為の「スマートフォン監視アプリ」なのです。

 

監視アプリなので、アプリ機能も「GPS追跡監視」というよりは

スマートフォン監視」を重視した機能が多い傾向にあります。

  • 通話内容の録音
  • 通話履歴の取得
  • 連絡先情報の取得
  • 現在地と各ポイントまでのルートデータの取得
  • 各内臓のブラウザのお気に入りと閲覧履歴の取得
  • カレンダーやタスク、保存されている写真画像の閲覧が可能

 

今でこそiPhone、Androidと両方のバージョンが存在しますが、

一時期は「ケルベロス」のiPhone版と

揶揄されていた時期がありました。

 

アイコンを非表示にしての

インストールが可能だからと推測されます。

 

ちなみにインストールされていれば

LINEも管理可能ですが別料金が発生するとの事。

 

ますます「ケルベロス」の

iPhone版と云われる理由も解る気がしますね。

 

余談ですが、「ケルベロス」の項目で

事件になったケースを紹介しましたが、

最近は以下の行為を行うと「違法行為」になる可能性があります。

  1. 端末所持者に無断で浮気調査アプリ等をインストールし追跡監視行為を行う
  2. スマートフォンを遠隔操作し、録音・録画などデータを無断で収集する
  3. インストールする理由を伝えずにアプリをインストールさせる

最も「ケルベロス」も含め、これまで紹介したアプリは

元々は「スマートフォン盗難防止」の為に開発されたアプリなのです。

 

利用目的以外の方法で使用すると、

方法によっては違法になる可能性がある事も

頭に入れた方が良いでしょう。

 

裏を返せば、現在付き合っている交際相手によって

無断にインストールされた際は

違法になる事」を伝えた方が良いかもしれません。

 

 

移動追跡記録装置:探偵仕様 追跡装置 GPSロガー


参照元:https://www.amazon.co.jp/

開発販売元:嶋田電装 その他多数

  • 値段:14800円~

すでにご存じの方も多い「GPSロガー」とは、

GPSを使った移動したルートを記録することができる装置のこと。

 

スマートフォンよりも小さいサイズの装置にも拘らず、

GPSの電波を受信して地球上ならどの位置からでも記録が可能です。

 

ボタンを押すだけで行動記録できるので、

その機動性の高さから浮気調査から素行調査、

ペットの移動範囲特定など様々な用途に使えます。

 

車の扉に設置して扉が動くと

メールで通知するタイプもあります。

 

車体設置タイプは、GPSに付けている専用の磁石で

女性や年輩の方でも片手で簡単に設置できるタイプもあります。

 

写真の「GPSロガー」は車用のGPS発信機であり、

用途や仕込むモノによって様々な「GPSロガー」があります。

 

ズバリ「探偵仕様」というのもあり10日間連続稼働も可能

 

それ故に、車設置の場合は見つけにくい場所に

設置されていることが非常に多いでしょう。

 

ストーカーによって仕掛けられたのなら、

間違いなくあなたを24時間追跡監視する目的での使用と言えます。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

ストーカーにつけられたGPSの探し方!

GPS発信機を発見するツールも存在しますが、

遠隔操作でスマートフォン内の

アプリ管理が可能なアプリも存在します。

 

最もその場合は、スマートフォン側にも

アプリ管理ソフトを入れる必要があるのですが。

 

GPS発信機を発見するツールに至っては

「プロ仕様」のモノもあり、

GPS発信機は「付けるのは簡単でも見つけるのは難しい」事が伺えます。

 

なので、一部ですがストーカーによって設置された

GPSの探し方をご紹介していきますね。

 

携帯アプリの場合は?AirDroid


参照元:https://play.google.com/

キャリア:Androidのみ

  • 開発販売元:SAND STUDIO
  • 料金:基本的に無料、一部有料機能あり

説明:GPS発信機発見アプリというよりも

遠隔操作でPCからスマートフォンの中身を確認したり、

ファイルのダウンロードやデーターの消去、位置特定等ができる

スマートフォン管理アプリ」です。

 

スマートフォン、PC側双方にインストールして使用します。

 

特徴的な機能の1つとして

AirDroidをインストールしたAndroidを紛失した場合、

紛失したAndroidを拾い無理にロックを解除すると、

そのロックを解除しようとした人の顔を

内蔵カメラで撮影するという機能があります。

 

そういった意味では前述の「ケルベロス」と

同様の機能とも言えますが、

GPS追跡アプリは気になるけど「ケルベロス」は

使用したくないという人に最適のアプリとも言えます。

 

それでも「AirDroid」では

スパイアプリ」という声も少なからずありますが、

盗難防止も含めてスマートフォン管理アプリ初心者におすすめです。

 

 

GPS発信機の場合は?GPS探知器 「MD-6001PH


参照元:http://mamotech-security.com/

販売元:MAMOtech security

  • 価格:49000円

説明:通信機等の精密機器に使用されている

半導体の検知が可能な装置です。

 

各種金属物・金属を含む機器や

携帯電話、スマートフォン、盗聴器、GPSロガー等が検知可能。

 

上位モデルも複数存在していますが、

上記のモデルは比較的安いハンドベルトGPS探知器 です。

 

一般でも買えないことはない値段ですが、

どちらかといえば「プロ仕様」ではないでしょうか?

 

もちろん上位モデルになるほど

「プロ仕様」になるのは言うまでもありません。

 

ハンドベルト型なので、

探知の見逃しも極力最小限に抑える事も可能です。

 

ビジュアルはかなり仰々しいですが、

ペースメーカー使用の方や妊婦の方にも

無害なので安心して使用できます。

 

上記のGPS探知器は主に部屋の中や人に対して効力を発揮します。

 

言わば、一部のイベント等で時々目にする入場前の

金属探知機と同様の仕様とみて良いでしょう。

 

 

GPS発信機の場合は?GPS探知器 「DTK-607H

 

 

参照元:http://mamotech-security.com/

販売元:MAMOtech security

  • 価格:34800円

説明:上記のGPS探知器 「MD-6001PH」と同じ

MAMOtech securityの製品ですが、

DTK-607H」の場合は「デジタル周波数を探知する

軍やプロでも使えるミドルタイプの超高感度探知機です。

 

登録されていない周波数も探知するため、

新しいタイプのGPS発信機や盗聴器なども炙り出します。

 

携帯電話、スマートフォンやPHS、GPS 発信機から

発信された各種デジタル電波も探知します。

 

MD-6001PH」の価格は公式サイトによると

34800円で販売されていました。

 

これを高いとみるか安いとみるかは、

判断が分かれるところではあります。

 

MD-6001PH」の場合は金属探知機なので、

コストに余裕はあれば「DTK-607H」と

セットでの使用がより確実にGPS発信機発見に繋がるかもしれません。

 

 

自動車設置でのGPS発信機の場合は?まずはエンジンルームや車底を確認する


参照元:https://www.photo-ac.com/

車の場合、まずGPS設置は

「車内」より「車外」に設置をと考えられます。

 

理由は「車内」だと電波が飛びにくい上に、

GPS測定に誤差が発生する原因にもなります。

 

それでも「車内」であれば「エンジンルーム

「車外」であれば車底

しかも「スペアタイヤがあるバンパー付近」で

設置されている事が多いGPS発信機。

 

目視で車を調査するなら、まずは「エンジンルーム」や

「スペアタイヤがあるバンパー付近」を重点的に。

 

そもそも巧妙に偽装されているので、

GPS発信機はぱっと見ただけでの認識は不可能でしょう。

 

入念に調べたつもりでも

人間が調査する行為に「完璧」はないので、

意外な見落としの可能性も十分にありえます。

 

しかも、GPS発信機の種類の特性上

特定日だけ設置されている可能性も。

 

それでも自力で調べたいのなら、

目視だけではなく先に紹介した「GPS探知器」と

セットでの調査をおすすめします。

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

盗聴器の見つけ方!ラジオやスマホアプリで発見できるの?

ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

隠しカメラの見つけ方とは?設置されやすい場所や確実に発見するには?

ストーカーの対策や撃退してくれるおすすめの探偵事務所は?

ストーカーから電話が来る時の対処方法や対応は?無視はいい?

ストーカーからメールが来る時の対処方法や対応は?無視はいい?

つきまとい行為をストーカーにされない対策や撃退方法とは?

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はストーカーにつけられるGPSで

一番可能性が高いスマートフォンアプリを中心に、

種類や探し方などをご紹介しました。

 

しかしGPS端末は

スマートフォンのGPS追跡アプリだけではなく、

車やバック等に仕込む事が可能な

GPS端末+スマートフォンアプリ連動タイプや、

GPS端末のレンタルまで最近は充実しています。

 

バック等に仕込むタイプの超小型GPS端末は、

注意して常にバックの中の荷物等を確認すれば発見は可能

 

しかし、車に設置できるGPS端末は

車低部に設置するタイプもあり、

業者依頼しなければ外すことが不可能なケースも存在します。

 

※これができる可能性があるといえば、

離婚したことが原因のストーカーが最も多く考えられます。

 

GPS端末を設置したストーカーの特定やその証拠収集

またはスマートフォンにGPS追跡アプリを

無断でインストールしたストーカーの特定など、

GPS追跡ではなくGPS端末を設置した側の特定に長けた

探偵事務所もしっかり存在しています。

 

数ある中でも「原一探偵事務所」は

その法律を初めとしたサポート体制が充実している事でも有名。
 

原一探偵事務所↓


業界トップレベルの高い探偵調査スキルで、

ストーカーの「証拠」を特定することも可能なのです。

 

例えば『誰かにストーカーされている事は間違いないが、

その「誰か」に該当する人に全く見覚えがない』状態でも

原一探偵事務所であれば、高い探偵調査スキルで

その「誰か」を特定することができるのです。

 

もちろん、その「誰か」から

ストーカー被害を受けている証拠」も

揃える事も抜かりはありません。

 

このストーカー対策もその1つであり、

最近の犯罪の傾向に沿うかのように積極的に展開しています。

 

一見高額にも感じる調査料金ですが

極めて明朗会計であり、仮に調査の流れで

追加調査が発生したとしても

お見積りで算出、契約した料金以上の料金を

請求することはありません。

 

リアルタイムでストーカー犯罪の

証拠収集を考えている方は、

まずは24時間メール相談も受け付けている

原一探偵事務所」へご相談を。

 
以下の画像リンクからも原一探偵事務所

アクセスすることができますよ。

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?