皆さんは生活をしていくうえで、

ほとんどの場合コミュニティーの中に身を置き

生活をしているのがほとんどでしょう。

 

それは学校なのか職場なのか、

サークル活動なのかそれは様々でしょう。

 

そのようなコミュニティーの中に、

身を置くことに気を付けている点はあるでしょう。

 

集団の中で暮らすということは、

人と人との間に少なからず問題が生じる可能性があり、

それを限りなく少なくしようと努力する必要があります。

 

しかし、このような努力もむなしく、

自分の意図とは関係がなく災難は降りかかるものです。

 

その一つとして、

誰にでも被害にあう可能性がある職場における社内ストーカーです。

 

今回はその社内ストーカーにあった際の対策方法を

お伝えさせていただきます。

 

社内の人がストーカーになった時は上司に相談

それでは早速、

社内ストーカーにあった際の対処方法をお伝えいたします。

 

まず一つ目としては、

なにより第三者である上司に相談することが一番です。

 

それも単に自分の上司ではなく、

相手方の上司がベストなのです。

 

上司に相談をすれば解決の選択肢として、

ストーカー相手の配属を変更させたり、

部署を変えてもらえたりと言う行動ができるからです。

 

しかし、ここで一つ注意があります社内という閉鎖的な空間からか、

もしかしたらストーカー相手の上司がそれ自体を揉み消す、

もしくはあまり積極的に行動したがらない場合があります。

 

その対策として、

なるべく多くストーカー相手の証拠を集めましょう。

 

社内メールや個人メールに、

ストーカー行為を疑わせるものが届いているようならそれを提示しましょう。

 

また、社内でストーカーから話しかけられた際に、

話を録音しておくことも一つの手でもあります。

 

このように、

社内でも社外でも証拠をしっかりと集め、

相談した際に邪険に扱われないくらいの証拠を提示しましょう。

 

 

 

社内の人がストーカーになった時は「NO」を突きつける

社内ストーカーに対して、相談することは大事ですが、

ストーカー相手にしっかりと

「NO」を突き付け意思表示することも非常に大事になります。

 

考えてもみてください。

ストーカー相手は悪いと思ってれば、

大抵の人はそのような行動を止めます。

 

ではなぜ辞めないのか、

それは悪いと思っていないからです。

 

それを気づかせてあげるためにも、

しっかりとストーカー相手に「NO」を突き付け、

自分が嫌がっていることを気づかせて上げましょう。

 

また、それでも社内や社外においてストーカー行為を止めないようなら、

しかるべきところに出る、

つまりは「警察へ相談」することを伝え、

法的措置もいとわないということを匂わせましょう。

 

 

社内の人がストーカーになった時は態度を改める

ストーカー相手に良い顔をし続ければ、相手をつけ上がらせるだけです。

 

その結果、今は社内だけのストーカー行為で済んでいるのが、

社内から社外へエスカレートする可能性もあります。

 

ですので、相手への態度はすべて事務的に淡々で接するべきです。

 

社内では、部署的に話さざる負えない人もいるかもしれませんが、

その際は優しく接することなく淡々と社内の仕事を進めましょう。

 

そして何より、

このような社内ストーカーと二人きりにならないようにしましょう。

 

ストーカーは何をするのかわかりませんので、

このような状態になることを避けましょう。

 

 

 

社内の人がストーカーになった時は周りに協力を要請する

上記のことを行う上で、

どうしても必要になるのが周りの協力です。

 

社内にも社外にも協力者をつくることで、

上述した内容の対策をより行いやすくなります。

 

そしてなにより、自分で抱え込むことがなくなり精神的にも

いくらか楽になるはずです。

 

助けを求めることは恥ずかしいことではありません。

 

自分のためにも周りに助力を求めましょう。

 

 

 

社内の人がストーカーになった時はその道のプロに相談する

これまでは自分自身で行える対策方法をお伝えしましたが、

一人で行うにしても限界があります。

 

証拠を集めるにしても、

仕事をしている最中同時並行に行うには

肉体的にも精神的にもきつくなります。

 

しかし、その道のプロに相談すれば、

すべて引き受けてくれ的確にアドバイスを行ってくれます。

 

特におすすめなのは探偵事務所です。

 

探偵事務所はストーカーについての案件を

多数扱っており、まさしくプロなのです。

 

1日でも早く、平穏な生活を送るためにも

是非とも活用するようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

社内ストーカーは、職場というコミュニティーにいる以上

被害にあう可能性が必ずあります。

 

もし意図せずに、そのような被害にあった場合は、

上記にあげました社内ストーカーに対する対策を実施しましょう。

 

その中でも確実に解決するには、

探偵事務所に相談をしましょう。

 

その中でも、最大手の探偵事務所である

「原一探偵事務所」が一番です。

 

相談は無料となっておりすぐ下の画像から、

アクセスすることができますので、

まずは行動することから始めていきましょう。↓↓