元交際相手だったり、元伴侶だったり、

同僚だったり、友達だったりと

ストーカーの正体や身元など様々なケースがあります。

 

それでもストーカー被害発覚当初は

ストーカーの正体や身元などは全くの謎であることが多く、

身元が発覚するまでは

否が応でも気持ち悪い時間を過ごした経験がある人も多いでしょう。

 

ストーカー被害者であれば、特に発覚当初感じる事といえば

ストーカーの身元が知りたい!」ではないでしょうか?

 

また、ストーカーの身元が

全く見覚えが無い知り合いでもないケースも有り得ます。

 

ストーカー対策を敷くにしても

まずはストーカーの身元を確認することが先決。

 

なので、非常に気になるその方法が

本当にあるのかどうということを

今から検証していきたいと思います。

 

※以下の方法はストーカー側の各種アカウントも

ある程度ネット上にある場合を想定しています。

 

というのも、ネットありき、スマホありきの

ストーカー被害はあまりにも多いのが理由です。

 

 

ストーカーの身元を

今すぐ割り出したいという方は

探偵事務所を頼ることをおすすめします。

 

中でも特に『原一探偵事務所』がおすすめ!

 

24時間365日受付対応してるので、

一度相談してみてはいかがですか?

 

もちろん相談は無料で行なってくれます。

 

原一探偵事務所』へは、

以下の画像リンクからアクセスできますよ。

 

 

ストーカーの身元を割り出す方法は?

モザイクアプローチ」というコトバをご存じですか?

 

モザイクアプローチ」とは、

単語や単体では普通の情報だったとしても

その断片的でもある複数の単体情報

照らし合わせたり組み合わせる事で、

特定の情報を導く手法を意味します。

 

この説明文だけを見ると、

ストーカーがストーキングする

ターゲット向けの手法にも見えますが逆もまた然りと考えます。

 

ストーカー側も

各種アカウント取得済であることが前提ですが、

ストーカー被害者側からでも

ストーカーの身元を割り出すことが可能なのです。

 

ストーカーの住所を割り出すには?


参照元:https://www.photo-ac.com/

「Instagram」や「twitter」などの

SNSに何気にアップする写真には、

総じて「Exif情報」が埋め込まれています。

 

Exif情報とは、

スマホやカメラなどで撮影した写真画像に

位置情報を取得可能なGPS機能で、

以下の各種データを取り込んだ情報を意味します。

  • 撮影地の位置情報
  • 撮影日時
  • カメラメーカーやモデル名などのカメラ詳細情報

 

ストーカーに「Instagram」や

twitter」などのSNSのアカウントがあり、

写真画像がアップされていれば

埋め込まれているExif情報を専用のツール等で

解析する事によってストーカーの住所は

特定できる可能性が充分にあります。

 

この方法もある意味「モザイクアプローチ」の1つ。

 

また、単純に「Instagram」や「twitter」などの

SNSにアップしている画像でも

写真に写り込んでいる店舗の看板や最寄駅の名称、

電柱や標識にある地名や住所などでの住所の判別は可能なのです。

 

ただ、解析するのにそれなりの時間はかかりますが。

 

一方でストーカーからの携帯番号でも

ストーカーの住所などの個人情報割り出しも可能ですが、

個人情報全般を持っているのは

携帯会社の大手キャリア格安SIM会社などです。

 

しかし、個人はおろか民間企業をもってしても

個人情報の開示に応じる事はありません

 

個人情報の開示に応じるのは、

警察などの司法関係機関からの依頼のみです。

 

また、特定の業者(派遣業など)向け有料サービスですが

名簿業者の「氏名検索サービス」で住所が確認できる場合もあります。

 

 

ストーカーの年齢を割り出すには?


参照元:http://girlydrop.com/

ある意味気になる

ストーカーの年齢、世代の確認方法ですが、

「モザイクアプローチ」的な方法ではあります。

 

解釈によっては「気持ち悪い」方法かもしれませんが、

例えばネット上においてのストーカーの書き込みで

エンタメ系のネタがあった場合、

好きだった映画やアニメ、音楽等の書き込みだけで

おおよその「年代」が特定できます。

 

それにプラスして「facebook」等の

SNSのプロフィール欄に

義務教育を卒業した年が記載されていたり、

場合によっては「干支」だけでも解れば

ストーカーの年齢割り出しが可能です。

 

ストーカーからの携帯番号でも

極論ではありますが、

ストーカーの年齢などの個人情報の炙り出しも可能。

 

ただ、携帯番号通しての個人情報全般を管理しているのは、

携帯会社の大手キャリア格安SIM会社などです。

 

しかし個人は元より、民間企業をもってしても

個人情報保護の観点において、

個人情報の開示に応じる事はありません

 

個人情報の開示に応じるのは、

警察などの司法関係機関からの依頼のみです。

 

 

ストーカーの実家を割り出すには?


参照元:https://www.pakutaso.com/

ストーカーの実家を知る方法ですが、

以下の様な方法が考えられます。

 

例えばストーカーの「facebook」等の

SNSのプロフィール欄に

ご丁寧に出身校や卒業校が記載されている場合、

さすがに住所はアップされなくても

最寄駅が記載されている場合は

ストーカーの実家が割り出せる可能性があります。

 

特に小中学校の卒業校が記載されている場合

「○○(学校名)校区」とエリア分けされている場合もあり、

最寄駅と照らし合わせて割り出します。

 

一方で「名簿業者」から

「名簿を購入する」という荒業もありますが、

法人専用であり、犯罪防止や個人情報の観点において

個人購入は無理でしょう。

 

▼おすすめ探偵事務所▼

イタズラ・嫌がらせ・ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

 

ストーカーの名前を割り出すには?


参照元:https://www.photo-ac.com/

先の「モザイクアプローチ」に

該当する方法ではありますが、

ストーカーの複数のSNSアカウントの

組み合わせ、照らし合わせる方法で

ストーカーの名前が割り出せる可能性があります。

 

特に「facebook」は企業や店舗の公式ページや

期間限定のイベントのページでもない限り、

個人の「facebook」のページは原則「実名登録」が基本

 

氏名風の「ハンドルネーム」で

登録している可能性もありますが、

他のSNSに比べて実名公開率は高いでしょう。

 

一方でストーカーからの携帯番号でも

極論ですが、ストーカーの名前などの

身元や個人情報割り出しは可能。

 

ただ、その個人情報全般を一元管理しているのは

携帯会社の大手キャリア格安SIM会社などであり、

民間企業をもってしても

個人情報保護の観点においても

個人情報の開示に応じる事はありません。

 

個人情報の開示に応じるのは、

警察などの司法関係機関からの

犯罪や裁判関連においての依頼のみです。

 

 

ストーカーの携帯番号を割り出すには?


参照元:https://www.pakutaso.com/

最もストーカー被害の初期の頃は

ストーカーの携帯番号など全く知る由もないですよね?

 

ストーカーの正体が仮に元交際相手だったとしても、

携帯番号が以前と変わっている事も充分にあり得ます。

 

そのストーカーの携帯番号の割り出し方です。

 

かなり特殊な例ですが、

ネット上での掲示板等で、誹謗中傷を繰り返した

ストーカーのIPアドレス」から、

ストーカーの個人情報が特定可能です。

 

ストーカーの「IPアドレス」と

プロバイダが管理している契約者情報と紐づける事で

ストーカーの身元や個人情報が特定できる可能性があります。

 

「契約者情報と紐づけ」なので、

携帯電話番号も含まれる可能性もあるのです。

 

しかし、誹謗中傷が名誉毀損と

裁判所から認定された場合、

弁護士や警察に対してのみストーカーのIPアドレスからの

情報開示が可能となります。

 

一般個人や企業への情報開示は不可能です。

 

ちなみに、誹謗中傷等の

書き込みで逮捕された事件も過去に発生しています。

 

一方で、冒頭に紹介しました

特定の業者(派遣業など)向け有料サービスの

名簿業者の「氏名検索サービス」で

携帯電話番号が確認できる場合があります。

 

 

ストーカーの知り合いを割り出すには?


参照元:https://www.photo-ac.com/

ストーカーの知り合いを割り出す方法ですが、

先の「facrbook」等のSNS

ある程度の知り合いを割り出すことは可能です。

 

「知り合い」や「友だちリスト」からの推測で

ある程度の範囲において、ストーカーの知人が割り出せます。

 

かつての「mixi」の「足あと」も

知人判別可能なシステムと考えます。

 

※ストーカー行為が悪化すると、

ストーカー被害者に対し名誉毀損行為や

誹謗中傷を繰り返す可能性があり、

その目的で各種SNSアカウントを持っている可能性もあります。

 

一方で、別件「名前を割り出す」で紹介した

「独自ドメイン」検索で、

ある程度のストーカー側の

会社関係者を割り出す方法は可能です。

 

独自ドメインの末端が「.co.jp」であれば、

このドメイン所持の会社名、代表者名、担当者名の確認ができます。

 

ある程度ストーカーの身元がはっきりしていて、

働いている会社等が判別している場合に使える可能性がある方法です。

 

しかし「.com」など、

.co.jp」以外のドメインの場合は

ドメイン取得代行会社が

登録代行としているケースが多いので確認が難しいでしょう。

 

 

 

ストーカーの身元を割り出せなかったら?

これまでご紹介した各種の方法は、

逆を言えばストーカー側からも

「あなた」の個人情報判別が可能な事も意味しています。

 

つまりストーカーによっては身バレを隠す意味で

「裏を掻く」事も可能なのです。

 

ストーカーによって裏を掻かれると手に負えません。

 

それでもストーカーの身元を割り出すには、

この方法しかないのです!

 

ストーカーの身元を割り出すには警察に被害届を出す!


参照元:https://www.photo-ac.com/

ズバリ、確実にストーカーの身元を割り出す方法となると

極論ですが「警察に依頼するに勝る方法は無いでしょう。

 

警察へ「被害届」を提出するにしても、

ストーカーの身元に関する情報が全く無い状態は

さすがに厳しいモノがあります。

 

一方で僅かな手掛かりや、

被害者からの「警護」の申出による

パトロール等で得た情報のみで

ストーカーの身元を割り出す捜査スキルの高さは圧巻

 

しかし警察への被害届は最終手段、

ストーカー被害等の犯罪の収束の為の究極の方法でもあります。

 

では、他に頼る先が無いのでしょうか?

調査スキルに長けた民間調査組織が実はちゃんと存在します。

 

ストーカーの身元を割り出すには探偵事務所がおすすめ!

確実に効率的にストーカーの身元を割り出したいのなら

探偵事務所や興信所への依頼を全力でおすすめします。

 

数ある探偵事務所ぼ中でも

原一探偵事務所」が特におすすめ!

原一探偵事務所↓


法律をはじめとした

様々なサポート体制が充実している事でも有名です。

 

業界トップレベルの高い調査スキルで

仮に身元不明のストーカーでも

身元判明まで確実に導き、証拠として仕上げます。

 

もちろん被害届と同時に提出する

ストーカー被害を証明する有力な「証拠」としても

問題なく使用可能な精度が高いモノでもあります。

 

経験豊富なベテランスタッフ

それこそ警察OBのスタッフも多く在籍しており

不安に思う依頼者の気持ちに沿いつつも

ストーカーの身元割り出しを確実にします。

 

一見高額に思える調査料金です。

 

しかし、例えば調査の流れで追加調査が発生した場合でも

お見積りで算出し契約した金額以上の料金を請求しない

明朗会計なのも特徴。

 

まさに今、一秒でも早くストーカーの身元が知りたい

正体が知りたいと不安に思っているのなら

まずは24時間メール相談も受け付けている

原一探偵事務所」へ1度相談することをおすすめします。

 

 

この記事を読んだ方からは、

こちらの記事も人気です。

<関連記事>

ストーカー被害の証拠を集める方法!嫌がらせやつきまといの時は?

ストーカー被害で警察に相談したら助けてくれる?してくれる対策!

ネットストーキングの対策方法や対応、撃退方法!事件はおこる?

ストーカーで探偵事務所に依頼した料金、どんな対策をしてくれるの?

ストーカーの対策や撃退してくれるおすすめの探偵事務所は?

ストーカーを警察に相談し対策や撃退をしてもらう方法のご紹介!

 

いかがでしたでしょうか?

 

この記事を読んでいて、誰もが感じたのかもしれない

逆探知捜査できないの?」という疑問、

実はこの捜査が可能なのは「警察」だけなのです。

 

探偵事務所や興信所でも

「逆探知捜査」すると違法になります。

 

TVや映画の影響ってある意味怖いですね。

 

ですが、先にご紹介しました

原一探偵事務所」は違法捜査は全く行わずに

地道で着実にスピーディな調査活動を

行う探偵事務所でも有名です。

 

プロでも「地道で着実な捜査調査」を伴う

ストーカーを含む「特定人物の身元確定調査」、

全く素人な一般人が対応できるモノとは到底思えません。

 

やはり、経験豊かな身元調査のプロに依頼した方が

何よりも情報精度が確実でスピーディと考えますがいかがでしょうか?

 

文中で紹介した『原一探偵事務所』へは

以下の画像リンクからもアクセスすることができます。