皆さんはストーカーが、

なぜストーカーになってしまうのか考えたことありますか。

 

対策については、いろいろ話を聞くことはあれど、

どうしてなってしまうのかまでは

聞いたことはありますでしょうか。

 

意外にもこの事実を知らない人が多いのです。

 

ではなぜこの話を出したこと言いますと、

ストーカーにあわないためには、

ならないような行動をとることが、

最善の方法と考えておるからです。

 

そこで今回は、ストーカーにあわないために必要な対策方法と、

あってしまった時の撃退方法を今回ご紹介します。

 

ストーカーにつきまとい行為されない対策とは?

ストーカーは何も、切っ掛けがない状態でなるものではありません。

 

必ずその切っ掛けになるものが要因で、

一般人がストーカーとなるのです。

 

ではその切っ掛けというのは、

どういうものなのか理解している人は実は少ないのです。

 

そのため、対策というのはその要因なるものを排除しなければ対策になりません。

 

ここでは、一般人がストーカーになる切っ掛けと、

それに対する対策についてお話をしていきます。

 

ストーカーのつきまといには勘違いさせないこと!

皆さんは自分の性格を客観的に把握をしておりますでしょうか。

 

なかなか自分の性格というものを、

他人に面と向かって聞く機会というのは少ないと思います。

 

もしあなたが、

周りから「優しい」という性格の評価をされているようなら、

それはストーカーに会いやすい要因となりえます。

 

ストーカーの中には、こういった優しさを勘違いしてしまい、

自分にしか向けられていない優しさであり、

自分だけが特別だと思い込んでしまう傾向があります。

 

自分では普通に優しくしただけかもしれませんが、

どうとらえるかはその人本人次第となってしまいます。

 

そこでこういうタイプのストーカーに勘違いさせないためには、

誰にでもそのように優しくしていることを伝えるようにしましょう。

 

急に自分の性格を直すのは難しいです。

ならその優しさと言うものは、

誰にでも平等に与えているということを

しっかりと周りに伝えるようにしましょう。

 

そうすれば、優しくされたとしても「自分だけではないのだな」と、

勘違いを防ぐことができるのです。

 

 

ストーカーのつきまといは身近な存在にならないこと!

皆さんは少なからず、

ストーカー事件の話を聞いたことはあるはずです。

 

その事件のほとんどは、

どういった人たちが起こしているかまでご存知でしょうか。

 

そのほとんどは、身近な人の犯行であるのです。

 

ストーカーを行う人たちは、

対象を身近な人であり自分でも相手にして

貰えるのではないかという存在に惹かれるのです。

 

例えば、隣人であったりバイト先であったり常連のお客であったり、

もしくは友達等です。

 

そう考えるときりがありませんが、

対策としては非常にシンプルです。

 

手に入りやすいと思わせなければいいのです。

 

要は対人関係において、

一歩壁を作って人と接するようにすることです。

 

上記にも記載をしましたが、

手が届くと思わせない行動が非常に大事になってきます。

 

 

ストーカーのつきまといには「NO」をつきつける!

ストーカーではないにしろ、

なにか興味を持たれているとか勘違いしてそうな素振りを

見せ、二人きりの誘い等が来たら、

しっかりと「NO」をつきつけて下さい。

 

ストーカーからしたら、

「NO」をつきつけないイコール、了承と捉えられてしまいます。

 

上記でも記載をしましたが、

ストーカーになる人は思い込みが激しいタイプが多いです。

 

そのため、曖昧な返事をしてしまうと上述の通り、

オーケーと捉えられてしまうので、

必ず「NO」をつきつけてください。

 

 

 

ストーカーにつきまとい行為された時の撃退方法とは?

ストーカーの被害に会わないような対策についてはできました。

 

しかし、対策ができたからと言って、

ストーカーに会わないとは限りません。

 

相手は人でありますので、

こちらではどうしてもコントロールできません。

 

そこでこの項目では、

実際に被害にあった場合のストーカー撃退方法を下記に記載をします。

 

もし、被害にあうようなことがあれば、

下記の3点について実施してください。

 

必ず問題の解決につながりますので、

ご安心ください。

 

ストーカーにつきまといされた時は周囲の人に協力を要請する

よくストーカー被害にあった方で、

自分で抱え込んでしまう方がおります。

 

しかし、これはストーカー解決に向けて害はあっても利益はありません。

 

周りの方に協力を要請することで、

例えば一人にならないように協力してくれたり、

会社の人であれば、遅くまで残業をしないように取り計らってくれたりと、

様々な対応を行ってくれるはずです。

 

そして何より、一人で抱え込まないことで気持ちが楽になります。

 

一人で抱え込んでしまうと、

悪くもないのに自分に非があるように感じ、

どうしても暗い気持ちになってしまいます。

 

ですので、必ずほかの人へ協力を要請して、

ストーカーを撃退しましょう。

 

 

ストーカーにつきまといされた時は証拠を集めて警察へ

一番の解決策はやはり、

ストーカー行為を行った人が捕まることです。

 

逮捕するには警察の協力が不可欠になります。

 

しかし、警察はただ相談するだけでは逮捕することはできません。

 

相談をして、家の周りを巡回してもらったり、

アドバイスをもらうことは可能ですが、

それでは根本的な解決にはなりません。

 

そこで、警察には証拠を突き付けて、

法的に動いてもらうほかないのです。

 

しかし、証拠とはどういったものなのでしょうか。

 

それを下記に記載をさせていただきます。

  • ストーカー行為を証明する映像
  • ストーカー行為を証明する音声
  • ストーカー行為を証明する物品

これらは、監視カメラでストーカー行為を撮影したり、録音機で音声録音したり、

実際にメールや手紙が届いているようなら、

それを保管しておかなければ証拠とはなりえません。

 

自分でそれらを集めるのは、非常に難しいです。

 

そこで頼りになるのが次の項目です。

 

 

ストーカーにつきまといされた時はプロに頼る

上記に記載の通り、ストーカーを逮捕するには証拠が必要です。

 

しかし、個人でそれを行うのには時間やお金そして経験の関係上、

限界がありますのでその道のプロに任せるのが一番です。

 

特に集団ストーカーのプロフェッショナルとしておすすめしたのは、

「原一探偵事務所」と言う探偵事務所です。

 

相談は無料となっておりすぐ下の画像から、

アクセスすることができますので、

まずは行動することから始めていきましょう。↓↓


 

まとめ

どうでしたでしょうか?

 

ストーカーの対策はなんとなくですがわかる部分もあるかと

思いますが、なぜストーカーされてしまうのかということは、

意外にも知られていないことが多いのです。

 

ストーカーされずに済むことが一番ですが、

どしてもされてしまったらすぐに、

その道のプロに頼りましょう。

 

それが一番安心安全です。